• ブログ

ランドリールームで洗濯家事攻略!

こんにちは!大阪府・兵庫県・奈良県・京都府・滋賀県を中心に注文住宅の家づくりをしている、アキュラホーム大阪支店です。

共働きや花粉・PM2.5の関係で、室内干しをする方が増えてきています。その中でよく要望にあがるのがランドリールームです。最近人気のランドリールームって?間取りとともにご紹介します!

ランドリールームって?

「洗う・干す・取り込む・アイロンがけ・たたむ」という、洗濯にまつまる作業を一室で完結できるスペースをランドリールームといいます。

今までによくある戸建ての間取りでは、1階で洗い終わった水分を含んだ重い洗濯物を、2階のベランダまで運んで干す動線が一般的でしたが、時間と手間と体力を使います。日の出ているうちに取り込むことが難しい共働き世帯が増えたことで、洗濯乾燥機や室内干しをする家庭も増えてきました。

この動線が長く、時間もかかる”洗濯”という家事を楽にしてくれる「ランドリールーム」が人気になってきていますが、取り入れ方に注意して洗濯家事を攻略していきましょう。

ランドリールームのある間取り3選

ランドリールームとしてスペースを作ることで、利便性がよくなりますが、間取りの取り方によっては不便に感じることもあります。また、今の生活スタイルでは必要であっても、将来的に必要がなくなる可能性もあります。ランドリールームを作ってから「あまり活用されていないスペース」とならないように、間取り図面とともにランドリールームの取り方をご紹介します。

外干しもできるランドリールーム

お天気の良い日があれば、外に干したくなる…!普段は室内干しでも、洗濯物を干すことが好きな方もいらっしゃると思います。そうでなくても、「今日は休みの日だから節約したい」と外干しされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方には庭の隣にランドリールームを作ることで、いつもの動線と変わらず干すことができます。ファミリークローゼットが一緒になっているので、干した後ハンガーのまま片付けられます。急な雨が降ってもすぐに取り込んで、そのまま干せるので安心です。

広々アイロンがけができるランドリールーム

 

室内干しや乾燥機からとり出した洗濯物を、広々とした作業台でアイロンがけができる間取りです。洗濯物もたためるので、畳む服が多いご家庭にもおススメです。畳んだ後のファミリークローゼットへの動線も短いので便利です。

キッチンも近くてコンパクト家事動線

 

キッチンからすぐにランドリールームに行けるため、ちょっと煮物をしている間に洗濯物を畳んだり干したりできます。キッチンの様子をうかがいながら隙間時間を活用できます。水回りがコンパクト・回遊できる間取りになっているので、忙しい家庭にもピッタリな間取りです。

 

生乾きやジメジメ…乾きやすいランドリールームのコツは?

室内干しによくある悩みが、「部屋のジメジメ」「生乾き臭」「うまく乾かない」というすっきりと乾ききらない環境からくるものが多いです。部屋干しファンや換気扇・サーキュレーター、除湿器を活用することで、日差しがなくともしっかり乾燥させることができます。

設計段階で、部屋干しファンを設置したり、後からサーキュレーターを使えるようにコンセント位置の計画を立てておくことをおススメします。

 

洗濯物が乾きづらくなってくる季節、毎年悩まされる方多いのではないでしょうか。自分たちの生活スタイルにあったランドリールームを取り入れて、洗濯にまつわる家事を時短攻略していきましょう!