• ブログ

パントリーは必要ですか?メリットやデメリット、オススメの取り方を紹介!

パントリーとは、キッチン近くに設置する主に食材を置くための収納スペースのことです。また、食品ストックの他にも普段使わない食器や、たこやき器やミキサー、ホットプレートなどの家電の収納スペースとしても活用できます。今回は最近人気のパントリー収納に注目して特徴を見ていきましょう。

 

パントリーのメリット・デメリット

■メリット

パントリーの最大のメリットは多くの食品や日用品のストックが可能で、それらをまとめて保管できるところです。まとめて収納することで、食品や日用品のストックがどのくらいあるか一目でわかるので管理がしやすいというメリットもあります。また、キッチンのものをパントリーに収納することでキッチンの整理整頓がしやすく、キッチンをすっきり片付けることができます。

■デメリット

先程述べたようなメリットがある反面、パントリーを設置するための広いスペースの確保が必要になるというデメリットもあります。家の構造上どの位置になら設置できるのか、間取り上使いやすい位置に設置できるかどうか、パントリーの扉が他のスペースに干渉しないかどうかなど考慮する部分がたくさんあります。

 

パントリーの種類

パントリーには大きく分けて2種類のタイプがあります。

■壁面収納タイプ

キッチンの壁の一部に棚を設置するタイプ。キッチンで作業する際にものを取り出しやすく、またデッドスペースが少ないため収納部分を有効活用できるというメリットがあります。さらに、壁面収納の扉を開ければ食品ストックの状況が一目でわかるので、管理がしやすいという特徴もあります。一方で、個室収納タイプに比べると収納量が少なくなるというデメリットもあります。

■個室収納タイプ

キッチンにつながる小部屋をパントリーとして活用するタイプ。壁面収納タイプに比べると広いスペースが取れるため収納量が多く、食品ストック以外にも食器や調理器具、災害用備品など、ものの大きさを気にすることなく収納できるというメリットがあります。一方で、デッドスペースが生じやすいというデメリットもあるため、使い方をしっかりと考えながらパントリー内の設備を考える必要があります。また、個室収納タイプには出入り口が1つのウォークインタイプと、出入り口が2つあり、キッチンと玄関、キッチンと洗面所など2方向からアクセスできるウォークスルータイプがあります。

 

パントリーを使いやすくするためのポイント

 

■棚は可動棚タイプにし、奥行きが深すぎないものにする

固定式の棚板にしてしまうと、ものの大きさによっては収納できなかったり、スペースの有効活用ができなかったりしてしまう可能性があります。収納するものの大きさに合わせて収納スペースの広さを変えることができる可動棚のタイプにすると無駄なスペースをつくらずに済むでしょう。また、奥行きを取りすぎるとものの出し入れがしにくくなるため、奥行きは30cm~45cm程にしておくと良いでしょう。

■動線の良い場所に設置する

パントリーは家事動線を考慮してキッチン近くに設置されることが多いですが、玄関からもアクセスできるように設置すると買い物から帰ってきてそのままパントリーにアクセスできるため、より便利に使うことができます。パントリーはスペースが余ったからと適当な場所に設置するのではなく、家族の生活動線の邪魔をしないような位置に設置することが大切です。

■換気ができるようにする

食品ストックや調理後の家電などを収納しておく場所なので、匂いや湿気がこもりやすくなるため、換気システムを設置しておく必要があります。温度や湿度管理がきちんとできていないと、食材を腐らせてしまったりカビが発生してしまったりという可能性があるため、注意が必要です。

■扉をつけるなら引戸にする

大きな荷物や重たい荷物を持ちながらパントリーの扉を開けるのは大変ですが、引戸であれば開け閉めしやすいでしょう。また、扉をつけることで、パントリーのドアを閉めておけばキッチン側からパントリーの内部が見えないので、生活感をなくせるというメリットもあります。

■照明はセンサー付きのものにする

扉と同様に大きな荷物や重たい荷物を持ちながらパントリーの照明をつけるのは大変ですが、センサー付きのものを設置しておくと両手が塞がっていてもパントリーに入ったときに自動で照明をつけることができます。

 

パントリーの特徴を理解し、自分たちの生活スタイルにパントリーが必要かどうかしっかりと見極め、採用するかどうか検討しましょう。