• ブログ

テレワークやライフスタイルで書斎の取り方を考えよう

こんにちは!大阪府・兵庫県・奈良県・京都府・滋賀県を中心に注文住宅の家づくりをしている、アキュラホーム大阪支店です。

新型コロナウイルスのまん延防止対策として、テレワークが普及し新しい生活様式となりました。自宅が仕事場になったことで、書斎やワークスペースの需要が高まってきました。今回は「テレワーク」に焦点をあてた家づくりについてご紹介します。

書斎・ワークスペースが欲しい理由

テレワークをしているとこんなことに困ったのではないでしょうか。

「家族に気を遣わせてしまう」

「専用の部屋がないので集中できない」

「仕事とプライベートの切り替えが難しい」

「PCや資料の収納が足りない」

「WEB会議中周囲の音が気になる」

…などなど、今までは生活スペースであった住まいは簡単には仕事場とはならないので、悩みが尽きません。こういった悩みを解決したい!と書斎・ワークスペースを取り入れる方が増えています。

環境づくりで大切なポイント

家の大きさや間取り、自分が集中できる環境などでどんな書斎やワークスペースにするかが変わってきます。自分に合った環境を整えるために以下のことにも気を付けて間取りを考えていきましょう。

  • 自然光も入り、換気もしやすい窓計画
  • テレワークに適したデスクと家具が配置できる
  • 資料などを収納できるスペースの確保
  • エアコンなどの空調設備を整える
  • 有線LANやコンセント計画
  • 適切な照明計画

以上のことを踏まえて自分に合った取り入れ方を考えていきましょう。

間取りパターン

個室型

上記写真は難波展示場

テレワーク環境を充実させたり、フリーランスとして主に自宅で活動する際には個室がおススメです。クローズド空間となるので、一番家族に気を遣わせず生活音も気にせず仕事に専念できます。部屋に鍵をつければ、セキュリティにも配慮した部屋になります。個室を設ける場所としては、家族の集まるリビングから離れた場所に作ると良いでしょう。

「書斎」として大きな部屋を作ることが難しくても、2帖程あれば十分環境として整います。場所や大きさは家全体のバランスを考慮しましょう。

 

半個室型

上記写真は京都伏見展示場

家族との繋がりを持ちながら仕事ができるセミクローズド空間です。半個室型は、完全に独立した部屋にはなっていませんが、カーテンや壁などで部分的に仕切られているタイプの書斎です。ウォークインクローゼットやキッチン横に机と椅子を用意して、書斎とする方法があります。

仕事と家事を両立しやすいメリットはありますが、閉め切られた空間ではないので遮音性は個室には劣り、集中力が切れてしまう場合も。壁に向かって机を配置したり、家具やカーテンなどで間仕切りをすることで集中しやすくなります。オンオフの切り替えもしやすいように工夫することもポイントです。

仕事で使用しない場合は、家事などのワークスペースとして使用できるようにある程度自由度を残しておくことも良いでしょう。

また、スペースを有効活用して作る場合が多いので個室型よりも建築コストが抑えられます。

オープン型

上記写真は奈良展示場

リビングや寝室の一角にカウンターや机を設置したオープンなワークスペースです。建築後でも作りやすく、建築費用としても一番抑えられるタイプです。都心などでは土地の面積が狭く、書斎としてスペースを確保することが難しくても、オープン型であれば場所を取らずに設置できます。また、子供の様子を見ながら仕事ができ、合間に家事もしやすいことがメリットです。

デメリットとしては、家族がいる時間帯にWEB会議は難しいこと、生活スペースと繋がっているためオンとオフの切り替えが難しいこと、セキュリティ面では不安が残ることが挙げられます。

テレワークが終わった後も子供の勉強スペースとしても使えるので家族の共有スペースにしたい方におススメです。写真のように、壁をマグネットボードにしておくと、磁石が使えて利便性がアップします。

 

いかがでしょうか。自分にあった書斎は見つかりましたか?間取りパターンでご紹介した写真は、すべて大阪支店の展示場のものですので、実際にご覧いただけます!

テレワークが定着し、そろそろ本格的に環境を整えたい!とお考えの方はぜひ、住宅担当にご相談ください。