• ブログ

スキップフロアで後悔しないためには?

大阪府・兵庫県・奈良県・京都府(南丹市以南)・滋賀県(大津市・草津市)で新築注文住宅を自由設計でご検討の皆様、こんにちは!アキュラホーム大阪支店です。
 
スキップフロアを検討されている方も多いのではないでしょうか。実はスキップフロアは住み始めてから後悔する人が少なくないんです。後悔しないために、メリット・デメリットを抑えましょう。
 

スキップフロアとは

1階と2階の間などに設けられた中間階のことを言います。中2階などと呼ぶこともあります。1階と2階の階段途中に作った広い空間のことを「スキップフロア」とイメージされる方が多いかと思います。

実はスキップフロアの高さに決まりはなく、小上がりの畳コーナーなどもスキップフロアの1つといえます。同じ階層に様々な高さのフロアを作ることも可能です。スキップフロアの下を収納やその他の空間として使えることも魅力です。

建売住宅などの一般的な住まいでは見かけることが少なく、注文住宅らしい個性的なお住まいになります。

メリット

空間を有効活用できる

スキップフロアを検討される際に挙げられる理由の1つでもある「空間を有効活用できること」が最大のメリットです。一定の条件を満たしていれば、容積計算上の延べ床面積に加算されないため、実質的な床面積を増やすことも可能です。

また、狭小住宅や平屋でも活用できます。狭い土地では間取りが限られてしまいますが、縦の空間を利用するので、空間の広さを確保しやすくなります。建築基準法上、3階建てを建てることが難しいエリアでも、スキップフロアであれば効率よく床面積を増やすこともできます。平屋でもスキップフロアを採用することで、2階建てとならずに床面積を増やすことができます。

収納スペースを増やせる

スキップフロアや階段の下を利用して、収納スペースを作れることもメリットです。上記のように、条件を満たせば延べ床面積に加算されずに収納を作ることができます。小さなお子様でしたら、遊ぶスペースにもなります。大人も座れば自分の趣味のスペースにも使えます。秘密基地のようで、ちょっとワクワクしますね。

天井が高くなり開放的で明るい空間になる

スキップフロアは段差を活かした建築手法のため、天井が高くなる傾向にあります。フロアの高さの違いで空間をつくるスキップフロアは、壁や扉、天井による仕切りも少なくなるため、圧迫感がなくなりなり視覚的に広く感じ、光が入りやすい開放的な空間となります。

また、吹き抜けを作ることで床面積が減ってしまいますが、スキップフロアをつくることでデメリットをカバーしてくれます。窓の位置を工夫することで、日当たりも風通しも良い部屋にすることができます。

オシャレな空間になる

一般的な住まいにはないスキップフロアは、「オシャレで個性的」な注文住宅らしい間取りになることもメリットの1つです。新居を見た人が褒めてくれるポイントになるでしょう。「個性のあるオシャレな家に住みたい!」という方にはスキップフロアはおススメです。

デメリット

設計・建築の難易度が高くなる

スキップフロアは、一般的な住宅に比べて設計や建築が難しくなり、対応できるメーカーが限られてきます。間取りよっては、不便になってしまうので、設計士に知識や経験があることが必須です。高い建築技術も求められるため、職人の質も大切です。建築費も3階建てよりは安くとも、2階建てと比べると高くなる傾向があります。

また、スキップフロアの階層判定は市区町村で異なるため、一般的な規定に沿ってスキップフロアを計画しても、延べ床面積に加算され固定資産税が高くなることもあるので、事前の調査が必要です。

バリアフリーではない

魅力でもある段差を使った設計なので、バリアフリー住宅ではなくなります。

自分が年を取った時の暮らしを考えて十分に検討していく必要があります。将来的にホームエレベーターを採用する場合は、設計段階からハウスメーカーと相談しておきましょう。

空調の効きが悪い

スキップフロアには壁や扉が少ないため、1つの空間が広くなります。開放感が魅力の反面、吹き抜けと同じく空調の効率は悪くなります。なかなか部屋が涼しくならない、冬は暖かくならない。など快適な空間を保つことが難しい可能性があります。

アキュラホームの匠空調

アキュラホームオリジナル全館空調「匠空調」で、スキップフロアのデメリットを解決できます!

「匠空調」は365日どこにいても快適温度に保つことができます。快適な空気が家全体に行きわたるので、部屋間の温度差が少なく、吹き抜けやスキップフロアの空調効率の悪さを解決してくれます。また、アキュラホームの住まいはZEH仕様のため、高気密高断熱で匠空調の効果を最大限発揮できるようになっています。匠空調についての詳細はこちらから。

 

後悔しないために、メリットとデメリットを知ったうえで、将来の暮らし方をイメージし、信頼できるハウスメーカーと相談することがポイントです。スキップフロアを検討されている方や、匠空調について詳しく知りたい方は住宅担当までご相談ください。

 

匠空調|注文住宅のアキュラホーム|完全自由設計のハウスメーカー (aqura.co.jp)