注文住宅に関する用語をまとめた用語集です。
はじめての住まいづくりに役立つ用語を基本的な用語から専門用語まで、幅広くご解説しています。
用語を理解すると、楽しい住まいづくりがもっと楽しくなります。

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

words

用語一覧

あ行

  • RC造(同義:RC、RC工法)

    鉄筋コンクリート造のこと。鉄筋をコンクリートで被覆した構造で、引っ張り力を鉄筋が負担し、圧縮力をコンクリートが負担する。熱に強く、耐火構造をつくることができる。一般的には大規模な建築に用いられ、住宅建築に使用されることは稀。

    トップへ戻る

  • IHクッキングヒーター

    電磁誘導加熱式の調理器具。電磁力の働きで鍋の底に電流を生じさせ、直接鍋を発熱させる仕組みになっているため、幅射熱がなく高い熱効率と安全性を確保できる。天板が平らなため掃除もしやすく、近年では人気が高い。

    トップへ戻る

  • アイランドキッチン

    調理台やシンクの一部または全部を、壁面から離しキッチンの中央に配置したもの。作業場所が広いため大人数での調理に適し、また開放的なキッチンを演出する。しかし、アイランドキッチンを置くには広いスペースが必要。

    トップへ戻る

  • アイレベル収納

    キッチンなどにおいて、目の高さにある収納スペース。

    トップへ戻る

  • 上がり框

    玄関や勝手口などの上がり口に取り付けられた横木のこと。ケヤキなどの木目の美しい材料や、マンションなどでは人工大理石や御影石などを主に使う。

    トップへ戻る

  • アクティブソーラー

    機器や設備を利用して自然の力(風・太陽光など)を住まいの空調や給湯に利用するシステムのこと。省エネルギー目的とし、また機器設備設置の初期投資費用を数年から数十年で回収できることから、近年では注目を浴びている。

    トップへ戻る

  • 上げ下げ窓

    ガラス戸を縦枠の溝に沿って上下にスライドさせて開閉する窓のこと。上下2枚とも動くダブルハングと片方だけ動くタイプがある。通気調節などに適している。

    トップへ戻る

  • 足元温風器

    キッチンの流し台や洗面室の洗面台の下に収めた暖房器具のこと。足元から温風が吹いてくるので、冬や早朝などの足の冷えに効果的。電気やガス、温水タイプがある。

    トップへ戻る

  • 足元灯

    安全を確保するために、廊下や階段、寝室などの足元に設置する常夜灯。

    トップへ戻る

  • 頭金

    住宅の購入代金のうち現金で支払う分のこと。契約時に支払う手付金とは意味が異なるので注意が必要。頭金の金額は住宅ローンの融資可能額によって異なる。購入代金の100%で融資可能な場合は、必ずしも頭金を用意する必要はない。

    トップへ戻る

  • アフターサービス

    住宅を売った後に、住宅会社や仲介会社が構造や設備の保守点検、修繕などの便宜を図ること。保証期間を設け、期間中は無料で対応する会社が多い。

    トップへ戻る

  • アプローチ

    敷地の入り口から玄関までの通路およびその周辺のこと。敷石やレンガなど置いて、建物までの道のりを整える。

    トップへ戻る

  • 雨仕舞い

    雨水が建物の内部に侵入したり漏ったりするのを防ぐこと。または防ぐ施工方法のこと。

    トップへ戻る

  • 雨戸

    窓の外側に取り付けられる戸のこと。主に雨風を防ぐことを目的としているが、防犯や防火の点でも有効。近年ではシャッター式や電動開閉式の雨戸が人気。

    トップへ戻る

  • 雨樋

    屋根を流れる雨水を軒先に集め、地下や下水まで導いて排水する部材。溝型や管状が多く、銅板や亜鉛鉄版、カラー鉄版、硬質塩化ビニルなどでつくられている。

    トップへ戻る

  • 網入りガラス

    防犯や防火のため、ガラスの内部に金属の網が埋め込まれたガラス。

    トップへ戻る

  • アメニティ

    居住における快適さ、便利さのこと。単に部屋や設備の機能だけでなく、社会的な条件なども踏まえた生活環境全般の快適性を示す。

    トップへ戻る

  • アンカーボルト

    構造物とコンクリート基礎を定着させるために基礎に埋め込んで用いるボルトのこと。風圧や地震などで建物が基礎から外れるのを防ぐ。

    トップへ戻る

  • あんどん部屋

    直接外気に接する開口部がなく、建築基準法上、居室として認められていない部屋のこと。納戸やサービスルームなどに利用される。

    トップへ戻る

  • 犬走り

    建物の外周地面を、50cm程度の幅でコンクリートで固めた部分のこと。雨水によって基礎部分が濡れたり、汚れが建物に跳ねるのを防ぐ役割を果たす。

    トップへ戻る

  • 違法建築

    建築基準法などの法律や条例の規定に違反している建物のこと。手続きなどに違反している場合と、建築物自体が違反している場合がある。建築時に合法であっても、増改築や修繕などで違法な状態になった場合は違法建築になる。

    トップへ戻る

  • 入母屋

    上部が二方に勾配し、下部が四方へ勾配する屋根の形式。日本の伝統的な農家や寺院などに多く見られる。

    トップへ戻る

  • インスペクション

    建物の良し悪しを建築士などの専門家によって調査すること。欠陥や耐震偽装などがないかを検査、点検する。昨今では、中古住宅の売買の際だけでなく、新築住宅でも依頼する施主が増えている。

    トップへ戻る

  • インナーテラス

    リビングなどの屋内の一部の床をタイル貼りにして、植物を飾るなどテラスのように使用するスタイルのこと。

    トップへ戻る

  • ウォークイン・クローゼット

    人が出入りできる、部屋のような大型収納スペースのこと。ハンガーパイプやシステム収納が備え付けられ、主に衣類を収納する為に使用される。

    トップへ戻る

  • ウォールキャビネット

    壁面に取り付ける吊り戸棚のこと。

    トップへ戻る

  • 内断熱

    外壁や屋根などの建物の外周部分を断熱する際に壁の中などの躯体内野隙間に断熱材を充填する方法。低コストでどんな断熱材も使用することができるが、隙間ができやすいのが難点。

    トップへ戻る

  • 打ちっ放し

    RC構造で、コンクリートを打ち込んだ面をそのまま仕上げ面とすること。クロスやサイディングなどを貼らず、無機質な印象にする。

    トップへ戻る

  • ウッドデッキ

    居間や食堂などの前庭に木材を組んでつくられた板張りの甲板のこと。リビングと一体化させアウトドアリビングとして利用されることが多い。屋外に設置されるため、防腐処理された木材を使用する。

    トップへ戻る

  • エアーサイクルシステム

    通風を工夫した省エネ型住宅の一つ。壁の間に隙間を設け、夏は床下の冷たい冷気を、冬は屋根裏や日当りの良い側の暖かい空気を循環させ、温度調節するように設計された住宅。

    トップへ戻る

  • ALC

    軽量気泡コンクリートのこと。板状にしたものをALC板またはALCパネルといい、主に鉄骨造の内外壁・屋根・床などに使われる。計量で施工、加工が容易で、また断熱性、耐火性も高い。

    トップへ戻る

  • 液状化現象

    水が飽和している緩い砂地盤が、地震などによる水圧の急激な上昇により液状になる現象。埋め立て地などで発生することが多い。

    トップへ戻る

  • エクステリア

    建物外部の設備のこと。門、扉、塀、物置、カーポート、フェンスなどを指す。

    トップへ戻る

  • S造

    鉄骨造のこと。強度が強く、耐久性、耐震性にすぐれている。鉄筋コンクリート造よりも建設費が安い。しかし、酸化による錆の発生や、耐火性に欠点がある。

    トップへ戻る

  • SRC造

    鉄骨鉄筋コンクリート造のこと。柱や梁などの鉄骨部材をコンクリートで被覆した強力な構造。柱や梁の寸法が大きくなるので個人住宅に用いられることは稀で、主に高層建築に多く用いられる。

    トップへ戻る

  • LD

    リビングダイニングのこと。居間と食堂の間に仕切りがなく一室になっているもの。また、居間と食堂だけだなく、キッチンも一つにまとまっているものをLDKという。

    トップへ戻る

  • 縁甲板

    床張り用の幅の狭い板のこと。元来日本建築の縁側などに使われていることからこの名前がついた。両側面に凸凹の加工をし、床用のほかにも壁や天井などにも使われている。

    トップへ戻る

  • エントランス

    建物の出入り口部分のこと。

    トップへ戻る

  • 塩ビ管

    塩化ビニル樹脂でつくられた管のこと。耐水性にすぐれていることから、上下水道用のパイプや電線被覆などに用いられる。また、塩化ビニル樹脂つくられたシートは水回りなどの床材として使われる。

    トップへ戻る

  • 追い炊き

    浴槽の湯が冷めたときに沸かすことができる機能。高温差し湯式や、循環式がある。

    トップへ戻る

  • 大壁

    柱を内側からも外側からも見えないようにする壁面内に収める構造。一般的に洋風の部屋の壁に用いられる。

    トップへ戻る

  • OS

    オイルステンのこと。油性の染料をボイル油、乾性油に溶かしたもの。浸透性の塗料なので木の素材や木目などをそのまま生かせる着色剤として多用されている。ワニスやラッカーの下塗り材としても使用されている。

    トップへ戻る

  • 横架材

    建物の骨組みで、横に架け渡された構造材。梁、桁、棟木、母屋、胴差、土間など。

    トップへ戻る

  • オートバス

    スイッチや遠隔操作で浴槽の状態を設定できるもの。一定量の湯を浴槽に張ったり、保温や追い炊きをする機能がある。

    トップへ戻る

  • 大引き

    床組みで、根太を受ける角材のこと。

    トップへ戻る

  • オープンキッチン

    ダイニングやリビングとひとつながりになっているキッチン。開放感があり部屋が広く見えるが、調理の音やニオイ、煙が広がってしまいやすいため、対処が必要。

    トップへ戻る

  • オール電化システム

    冷暖房や給湯、調理設備などにガスを使用せず、住宅内のすべての熱源を電気としたシステム。火災の心配がないため安全性が高く、室内の空気も清浄に保てることから、集合住宅や高齢者向けの住宅に利用されることが多い。

    トップへ戻る

  • 落とし込み浴槽 (同義:埋め込み式浴槽)

    浴室の床面に埋め込んだ浴槽のこと。床面から浴槽の縁までの立ち上がりの高さは35㎝45㎝程度が一般的にまたぎやすいとされている。

    トップへ戻る

  • 踊り場

    階段の途中に設けられる、平坦なスペースのこと。転落防止に役立ち、お年寄りや子どもに安全。小休止スペースや、曲がり階段では方向転換の意図で設置されることもある。

    トップへ戻る

  • 親子ドア

    玄関などの大きなドアにおいて、大小サイズの観音開きになっているもの。普段は大きいドアのみ開閉いやすいため、必要に応じて小さなドアを開け、開口部をより大きく使用できるようにする。

    トップへ戻る

  • 折り戸

    蝶番で連結され、開いたときに折りたためるようになっている戸のこと。狭い範囲で大きく開放できるので、浴室やクローゼットの開口部に使用されることが多い。

    トップへ戻る

か行

  • カーポート

    柱と屋根だけでつくられた駐車スペースのこと。また、屋根のない駐車スペースをカーポートに含む場合もある。上屋があるものはガレージ、または車庫と呼ばれる。

    トップへ戻る

  • 開口部

    建物の壁や屋根などに設けられた、穴(窓や出入り口)のこと。採光、換気、通風、通行、眺望などの役割を果たす。主に開閉可能な窓や出入り口を指すが、はめ殺し窓のように、ガラスが埋め込まれ開閉ができない窓も開口部と呼ばれることがある。

    トップへ戻る

  • 外構

    門扉、フェンス、アプローチなど、建物の外回りの設備の総称のこと。

    トップへ戻る

  • 外装材

    建物の屋根や外壁など、外部との仕切りとなる部材のこと。石、タイル、塗装などさまざまな種類があるが、紫外線や風雨にさらされる部材なので、いずれも耐久性、耐水性、耐候性にすぐれた材料が外装材として用いられる。

    トップへ戻る

  • 階高

    建物の各階の高さのこと。高さは構造部を基準とし床高から上階の床高までを指す。

    トップへ戻る

  • カウンタートップ(同義:ワークトップ、天板)

    キッチンにある作業台(調理台)のこと。流しの左右にあるのが一般的。

    トップへ戻る

  • 瑕疵担保責任

    売買,請負などの際、その対象となるものに瑕疵(欠陥)がある場合に、売主が買主に対して責任を負うこと。権利者には、損害賠償権や、契約解除権が認められる。契約時に瑕疵が認識されず、売買契約後に発覚した場合にも同等の権利をもつ。新築住宅については、「住宅品質確保促進法」により構造耐力上主要な部分と、風雨の防水に関わる部分の瑕疵について、売主は10年間無償で修理などを請け負う責任が義務付けられている。

    トップへ戻る

  • 家事動線

    料理、洗濯、掃除などの家事を行う際の人の動きを追った線のこと。家事動線を短くすることで、家事の効率化を図ることができる。

    トップへ戻る

  • 型板ガラス

    表面に凸凹の加工が施された光は通すが視線は遮るガラスのこと。浴室や脱衣洗面室、便所などの窓ガラスとして使用される。

    トップへ戻る

  • 片流れ

    一方向に勾配をとっている屋根の形状のこと。一枚で最もシンプルな形のため、雨漏りしにくい。片勾框架配ともいう。

    トップへ戻る

  • 可動間仕切り

    移動可能な簡易的な壁のこと。間仕切りを開ければ広い空間を確保でき、閉めれば部屋が独立するので、用途に応じて使い分けることができる。家族構成の変化に対応するために子ども部屋に設けたり、来客時に対応するためにLDKに設けたりする。

    トップへ戻る

  • 矩計図

    建物の全体像を、高さを中心に図示した垂直断面図のこと。下地材から仕上げ材まで、各部材の寸法や材料名が細かく記されている。

    トップへ戻る

  • 壁構造

    柱や梁を使わずに、壁だけで建物全体を支える構造のこと。床と壁が接合されるため強固な構造となるが、壁自体が構造上重要な役割を果たすため、在来工法に比べて開口部の取り方が限定されやすい。

    トップへ戻る

  • 床の間や玄関など、段差のある床の端に取り付ける化粧用の横木のこと。また、窓や扉本体、障子などの周囲の細長い枠も框と呼ぶ。畳については、畳縁を付けていない短いほうの辺を框と呼ぶ。

    トップへ戻る

  • 鴨居

    和室の障子や襖など、引き戸の上部に設ける、溝を彫った横木のこと。下部にある同じように溝を彫った横木を敷居という。

    トップへ戻る

  • ガラスブロック

    中が空洞になった、直方体または立方体に形成された箱状のガラスのこと。内部の空洞には低圧の空気が入っているため、遮音性、断熱性にすぐれている。採光のために開口部に設けられたり、インテリアとして使用されることも多い。

    トップへ戻る

  • ガラリ

    羽根板を隙間を開けて平行に並べて取り付けたもの視線を遮り、通風を確保できるため、換気が必要な洗面所や浴室、クローゼットなどの扉に用いられることが多い。

    トップへ戻る

  • カラン

    水道の蛇口のこと。

    トップへ戻る

  • 間接照明

    照明の光を直接作業面に当てず、光源を壁や天井に反射させる方法。照度は低くなるが、光がソフトになるため、柔らかい雰囲気を演出できる。

    トップへ戻る

  • 乾燥材

    自然乾燥または人口乾燥により、含水率18%以下にまで乾燥させた木材のこと。木材は乾燥収縮するため、十分に乾燥させていないと住宅の変形(反りねじれ、曲がり)が生じる。

    トップへ戻る

  • 基礎

    建物の荷重を地盤に伝えるための脚部。住宅の場合、T字を逆さまにした形の「布基礎」、または床面全体にコンクリートを打った「べた基礎」が一般的。それ以外にも、「独立基礎」や「杭基礎」などがある。

    トップへ戻る

  • 基礎パッキン工法

    床下換気のために、基礎と土台の間に隙間を設け専用のパッキンを挟み込む工法。基礎自体に換気口を設ける一般の床下換気口に比べ、1.5S2倍ほどの換気能力をもっているため、建物の耐久性を向上させる。

    トップへ戻る

  • 北側斜線制限

    北側の隣地への日照を考慮し定められた高さの制限。真北方向に対して測った隣地境界の距離によって一定の高さまたは勾配を設定している。

    トップへ戻る

  • キッチンパネル

    キッチンの前に貼る壁材のこと。従来からタイルやホーローが一般的に使われるが、タイルは目地が汚れやすく掃除が大変なため、近年ではホーローやステンレスが人気。

    トップへ戻る

  • 狭小住宅

    狭い敷地に建てられた、床面積の少ない住宅のこと。単に狭いというだけでなく、少ない床面積を最大限有効利用できるよう工夫されている。

    トップへ戻る

  • 強制換気

    送風機などの機械を使用して行う換気のこと。

    トップへ戻る

  • 切妻

    屋根の形状の一つで、棟から両側に斜面となった形の屋根。日本では最も一般的な屋根形状。比較的ローコストでの施工が可能。

    トップへ戻る

  • 駆体

    柱、梁、床など、建物の主要な構造部分のこと。

    トップへ戻る

  • クッションフロア

    中間層に発泡プラスチックやフェルトなどを挟んだ、クッション性のあるビニル系床シート。耐水性、耐久性にすぐれ、キッチンや洗面室、トイレなどの水回りに使用されることが多い。中性洗剤などで簡単に清掃でき、また安価であることが特徴。

    トップへ戻る

  • グラスウール

    ガラスを繊維状にしたもの。繊維の間に大量の空気が含まれ、断熱材や吸音材として使用される。

    トップへ戻る

  • クラック

    ひび割れ、亀裂のこと。

    トップへ戻る

  • クローズドキッチン

    リビングやダイニングと一体になっておらず、独立した一つの部屋になっているキッチン。来客時などにも音や臭気を気にせず家事ができるのが特徴。独立型キッチンとも呼ぶ。

    トップへ戻る

  • クローゼット

    収納スペースのこと。広い意味では和室の押し入れもクローゼットに含まれる。洋室の場合、ハンガーパイプなどが取り付けられ、主に衣類用の収納スペースになっていることが多い。

    トップへ戻る

  • クロス

    天井や壁に貼る内装材のこと。ビニールや和紙、布など、近年ではさまざまな素材の商品がある。壁に貼るクロスのことを壁紙と呼ぶこともある。

    トップへ戻る

  • 蹴上げ

    階段の一段の高さのこと。建築基準法では、住居内での蹴上げは23㎝以下と決められている。

    トップへ戻る

  • 珪藻土

    藻類(植物プランクトン)の死骸が海底や湖底に積もって化石化した粘土状の土。保温、断熱、防露、調湿、遮音、脱臭などの機能をもっているため、快適で体に優しい健康素材として注目されている。自然素材なので環境にも良い。

    トップへ戻る

  • 化粧合板

    合板の表面に仕上げ材として何らかの加工を施したもの。印刷紙を貼ったプリント合板や、薄い木材を貼り付けた天然木化粧合板などがある。住宅では内装の仕上げ用や家具用として使われることが多い。

    トップへ戻る

  • 欠陥住宅

    設計や施工段階のミス、手抜き工事などで、通常備えていなければならない性能や安全性が欠如していたり、そのために危険が生じている住宅のこと。例として、雨漏り、亀裂、傾斜などがある。

    トップへ戻る

  • 結露

    空気中に含まれている水分が、住宅の壁やガラスなど冷たい部分に触れて水滴になること。壁などの表面に水滴が付くことを「表面結露」、壁内部で水滴が発生することを「内部結露」という。結露は木材を腐らせる原因となり、建物の耐久性を劣らせる。

    トップへ戻る

  • 建築確認

    建物の建築計画が建築基準法にのっとっているかを着工前に確認すること。自治体の建築主事または民間の指定確認検査機関が申請された内容について審査する。建築基準法建築物の敷地、構造、設備、用途に関する最低の基準を定めた法律。昭和25年に制定されて以来、平成12年の大改正,15年7月にシックハウス症候群に関する規制、19年6月に構造計算審査規制に関する規制の追加と社会背景に合わせて改正が行われている。

    トップへ戻る

  • 建築面積

    建築物が建っている面積のことで、一般的には1階の床面積となることが多い。しかし、1階よりも2階が跳ね出した形状の建物の場合、飛び出した部分を真上から見たときの水平投影面積も含まれる。また、1m以上飛び出したバルコニーや庇は1m差し引いた部分を面積に含める。

    トップへ戻る

  • 建ぺい率

    敷地面積に対する建築面積の割合のこと。安全性や快適性を考慮し、建築基準法によって敷地ごとの建ぺい率の制限が定められている。例えば、109mの敷地で建ぺい率60%の場合、建築面積が60㎡を超えてはいけない。

    トップへ戻る

  • 高規格住宅

    寸法·耐久性などについてすぐれた水準を有する住宅として住宅金融公庫が認めた住宅のこと。

    トップへ戻る

  • 高気密·高断熱住宅

    快適性のために、気密性、断熱性を高めた住宅。熱や空気の出入りを最小限に抑えるため、省エネルギー効果があるが、一方で換気システムの導入が不可欠となる。

    トップへ戻る

  • 勾配天井

    室内において天井が水平ではなく勾配をもっているもの。屋根形状によってやむを得ず勾配をもたせる場合や、室内空間を広く見せたい場合などに取り入れられる。また、浴室では勾配天井を用いることによって水滴が天井から壁につたい、水滴が直接落ちるのを防ぐ。

    トップへ戻る

  • 剛床工法

    2階や3階に床を張る際、構造用パネルや構造用合板を直接梁や根太に張る工法。水平力に対する耐性が強くなり、一般の在来工法に比べ、約4倍の剛性がある。

    トップへ戻る

  • 構造材

    柱、梁、外壁、屋根、床など、建物を支える構造体となる材料のこと。構造材が腐ったり割れたりすると、直接建物の倒壊の危険性が生じるため、部材を選ぶ際は厳正な選択が必要。

    トップへ戻る

  • 構造用合板

    構造耐力上主要な部分に使えるように強度を強めた合板のこと。合板とは、通称ベニヤ板と呼ばれ、薄い単板を奇数枚、繊維方向が交差するように張り重ねたもののこと。構造用合板は、木造住宅の壁や床、屋根の下地材として使用される。

    トップへ戻る

  • コートハウス

    中庭(コート)を中心に取り囲むようにして建てられた住宅のこと。狭い敷地でもプライバシーを守りながら戸外空間を設けることができ、都市型住宅に良く取り入れられる。

    トップへ戻る

  • 腰高窓

    壁面の、腰の高さ(床上80S100㎝程度)から上に取り付けられた窓のこと。掃き出し窓を付けられない場所に換気のために取り付ける場合や、家具や日照の計画上壁面を確保する必要がある場所などに設けられる。

    トップへ戻る

  • 小屋組

    屋根の荷重を柱や梁に伝える骨組みのこと。

    トップへ戻る

  • コルクタイル

    コルク樫の樹皮を加工し、30㎝角程度のタイル状に圧縮成形した内装材のこと。吸音性、断熱性にすぐれ、住宅では壁や床材として用いられる。また、弾力性があるので、子ども部屋の床などに使用されることも多い。

    トップへ戻る

  • 混構造

    一つの建物の中で、鉄骨造、木造、コンクリート造などの異なる2つ以上の構造方式を併用して建てる方式。例えば1階部分をコンクリート造、2階部分を木造で建てるなど。

    トップへ戻る

さ行

  • サービスヤード

    キッチンに通じる屋外の家事スペースのこと。ゴミの一時保管や、洗濯物干し場として利用されることが多い。

    トップへ戻る

  • 採光

    建物の屋内に自然光を採り入れること。建築基準法では、部屋の面積に応じて採光のための開口部の最小面積を定めている。

    トップへ戻る

  • サイディング

    建物の外壁に張る工業製品化された板材の総称。セメントやセラミック、金属などを使って工場生産されるので、タイルやレンガを細かく貼るよりも手間や費用がかからない。最近では耐久性や耐候性を高めたものや、汚れを落としやすくしたものなど、さまざまな商品が市場に出ている。

    トップへ戻る

  • 在来工法(同義:木造軸組工法)

    日本で最も伝統的かつ一般的な木造の建築方式で、柱、梁、桁、筋交いなどの軸組で建物を支える構造。コスト、プランともに柔軟性が高く、さまざまなスタイルに合わせて施工することができる一方、職人の技術によって仕上がりに差が出やすい。「木造軸組工法」とも呼ぶ。

    トップへ戻る

  • サニタリー

    トイレ、洗面所、浴室などの、衛生のための水回り設備をもつ空間のこと。サニタリーとは本来「衛生的な」という意味をもつため、水回りでもキッチンは含まない。

    トップへ戻る

  • 三路スイッチ

    1つの照明器具を、2カ所から点滅できるスイッチのこと。階段の上下や廊下の両端などに取り付けられる。

    トップへ戻る

  • サンルーム(同義:コンサバトリー)

    壁や屋根をガラスでつくるなどして、自然光を最大限に採り入れた部屋のこと。温室や日光浴に使われることが多い。

    トップへ戻る

  • シーリング

    天井に直に取り付ける照明のこと。ぶら下がり式のものよりも部屋全体を均等に照らすことができ、空間を広く見せる効果がある。

    トップへ戻る

  • 敷居

    和室の障子や襖など、引き戸の下部に設ける、溝を彫った横木のこと。上部にある同じように溝を彫った横木を鴨居という。

    トップへ戻る

  • 軸組

    土台、柱、梁、筋交い、桁で構成する、建物の骨組みのこと。

    トップへ戻る

  • 仕口

    2つ以上の構造部材が接合されている場所、またはその接合方法のことを指す。日本の伝統的な在来工法ではさまざまな加工形状の仕口があり、負荷のか仕口があり、負苛り?かり具合によって使い分けられてきた。近年では、仕口部分を金物で補強することも多い。

    トップへ戻る

  • システムキッチン

    キッチンにおける流し台、調理台、レンジ、調理道具、食品や食器の収納などの寸法や機能をシステム化したもの。キッチンの空間に合わせて自由に組み合わせることができ、また、規格が統一されているため一体感のあるインテリア計画が可能。

    トップへ戻る

  • 自然換気

    自然の力で建物内の換気を行うこと。風圧による風力換気と、室内の温度差を利用した重力換気がある。

    トップへ戻る

  • 地鎮祭

    建物を建てる前に、敷地の守護神をまつって鎮め、敷地の安定と工事の無事を祈願する儀式。

    トップへ戻る

  • 漆喰

    消石灰を主原料とし、これに水、砂、麻糸などの繊維を膠着剤と一緒に練り混ぜたもの。左官材として、塗り壁や屋根瓦に用いられる。防火性、調湿性が高いため、体に優しい自然素材として親しまれている。

    トップへ戻る

  • シックハウス症候群

    住宅の材料に含まれる化学物質によって室内の空気が汚染され、目がチカチカしたりめまいや頭痛、皮膚障害などの健康障害が起こること。ホルムアルデヒドやトルエンなどの揮発性の有機化合物(VOC)が主な原因とされる。

    トップへ戻る

  • 自動スイッチ照明

    人の動きをセンサーでキャッチし、自動で点滅する照明のこと。夜間の廊下やトイレなどに便利。

    トップへ戻る

  • 地窓

    床面に接した窓のこと。和室で使われることが多い。対角線方向に向き合う窓を設けることによって、重力換気(自然換気)に有効になる。

    トップへ戻る

  • 遮音床(同義:遮音フローリング)

    床への衝撃音を軽減する目的で、遮音材を組み込んでつくられた床のこと。表面が柔らかく、フカフカした感触がある。二世帯住宅の上階などに有効。

    トップへ戻る

  • 斜線制限

    周辺環境への影響を考え、建物の形状を一定の勾配面によって制限すること。隣地の日照を確保するための「隣地斜線制限」、道路への通風や日照、解放感などを確保するための「道路斜線制限」、住居専用地域において北側に接する敷地の環境を保護するための「北側斜線制限」がある。

    トップへ戻る

  • 集成材

    厚さ2550㎜程度に製材された板や角材などを乾燥し、繊維方向を揃えて接着剤で張り合わせたもの。天然の無垢材に比べ寸法の安定性があり、また湾曲した部材などもつくることができる。製材の際、節や割れ目などを取り除くため、強度や耐久性の面でも天然材に勝る。

    トップへ戻る

  • 省エネルギー住宅

    断熱性、気密性を高めることで、冷暖房に使用するエネルギーの消費を少なくした住宅のこと。断熱サッシを使用したり、通風に工夫をしたりする。

    トップへ戻る

  • 仕様書

    仕上げ材や施工の仕方など、図面だけでは表現できない事項を、数値や文章でわかりやすく表示した書類のこと。

    トップへ戻る

  • 上棟式(同義:棟上げ、建前)

    工事の途中で、棟木を上げるときに行われる儀式のこと。棟上げまでの工事が無事に済んだことを土地の神様に感謝し、また竣工までの無事を祈願する。

    トップへ戻る

  • 真壁

    日本の伝統的な仕上げ方法で、柱と柱の間に壁を納める方式。和室では真壁と塗り壁で仕上げることが多い。主が直接空気に触れるため防腐効果があるが、筋交いを入れにくいのが難点。

    トップへ戻る

  • 人感センサー

    赤外線などのセンサーで人の動きを感知し、自動で運転する装置のこと。玄関ポーチや廊下の照明、換気扇などに用いられる。

    トップへ戻る

  • 人工大理石

    アクリルやポリエステルなどの合成樹脂と無機微粒子によってつくられた、大理石調の素材のこと。天然の大理石よりも安く、耐水性もあるので、キッチンのワークトップや浴槽、化粧台の天板などに用いられる。大理石を粉砕して再形成する「人造大理石」(テラゾー)とは異なる。

    トップへ戻る

  • スキップフロア

    中二階など、半階ずつ高さをずらした形で配置されているフロア構成のこと。上下の空間を一体にし解放感をもたせたり、動線を短くすることが可能。マンションなどの集合住宅では、エレベーターの停止階が1階2階おきになっているものもスキップフロア方式と呼ぶ。

    トップへ戻る

  • 筋交い

    軸組構造の建築で、柱と柱の間に対角線上に取り付けられる補強材のこと。地震や台風などの横からの力に対して、ねじれを防ぎ強度を確保する。片側方向に取り付ける「片筋交い」と、たすき状に取り付ける「たすき掛け」がある。

    トップへ戻る

  • スラブ

    直訳すると石板のことだが、一般的には鉄筋コンクリート造の構造床のこと。大梁や小梁と一体化してつくられることが多い。スラブの厚さは20㎜以上が理想とされ、厚さに比例して遮音性が高くなる。

    トップへ戻る

  • スレート

    内外装または屋根葺きの薄い板状の材料。不燃性、耐水性、耐久性、遮音断熱性、耐候性にすぐれている。天然スレートと人工のスレートがあるが、天然のものは粘板岩が圧力で変質したもので、希少価値が高く非常に高価なものになっている。

    トップへ戻る

  • スロープ

    人や車いす、自転車などが通りやすいようにつくられた、傾斜した通路のこと。アプローチや玄関などの小規模な段差を解消するために用いられる。車いすで安全に昇降するためには、スロープの角度が13分の1から15分の1必要。

    トップへ戻る

  • 石膏ボード(同義:プラスターボード)

    石膏に骨材を混ぜて練り、平らな板状にされた建築材料のこと。加工性、寸法安定性、遮音性、防火性にすぐれ、壁や天井の内外装下地材に使用される。現在、日本の住宅建築では最もポピュラーな建築材料の一つ。

    トップへ戻る

  • 背割り

    芯のある木材の裏側に、中心ほどまで鋸目(鋸で引いた溝)を入れること。木材を乾燥させる前に背割りを入れることで、化粧面(表面)にひび割れが生じにくくなる。また、木材を芯まで効率的に乾燥させる効果もある。

    トップへ戻る

  • セントラルヒーティング

    集中式暖房システムのこと。建物内の一カ所に暖房装置を設置し、パイプを通して各部屋に熱を送るシステム。各部屋の温度差が小さくなるため、結露も少なくなる。しかし、大がかりな設置工事が必要なため、導入コストが大幅にかかる。洗髪洗面化粧台ハンドシャワーや大型洗面ボールなど、洗髪ができる機能をもった洗面化粧台のこと。機能性、デザイン性にもすぐれているため、近年では人気が高い。

    トップへ戻る

  • ソーラーシステム

    太陽熱を利用して、屋内の冷暖房や給湯を行うシステムのこと。アクティブソーラーシステムとパッシブソーラーシステムがあり、アクティブソーラーシステムでは集熱器やパワーコンデイショナなどの大がかりな装置でエネルギーを転換する一方、パッシブソーラーシステムでは人工的な装置を使わずに蓄熱や空気循環などを活用する。

    トップへ戻る

  • 外断熱

    建物全体を外側から覆うように断熱材を張る工法。基礎から屋根まで建物全体を外側から覆うため、隙間ができにくく、また駆体が風雨に直接さらされないため建物の耐久性も確保できる。ただし、内断熱に比べコストが割高になる。

    トップへ戻る

た行

  • 耐震壁

    地震や風力など、構造物が水平力を受けた場合にその力に抵抗するための壁のこと。筋交いや構造用合板などを用いて強度を高めている。建物全体にバランスよく配置することで効果的に働く。

    トップへ戻る

  • 耐震構造

    地震で生じる揺れに耐えられるように、柱、梁や壁などの基本構造体を強化して設計された構造のこと。ただし、構造を強固にすればするほど強い地震力を受けるため、人命を守ることを最優先にした耐震構造では、予め部分的に壊れることを許容した造りになっている。

    トップへ戻る

  • 耐震診断

    現在使用されている建物が、地震に対してどの程度耐える力をもっているかを診断すること。各地方自治体などから配られる資料をもとに自分で行うものと、専門科が図面や実地調査をもとに診断するものがある。耐震基準は何度も改正されているため、現行の耐震基準と同等の基準に照らし合わせて調査をする。

    トップへ戻る

  • 対面キッチン(同義:カウンターキッチン)

    リビングやダイニングに対面する形で、流しや作業台が設置されているキッチンスタイル。部屋は区切られていないか、または壁に大きな窓を開けているので、キッチンで作業をしながら、家族とコミュニケーションを取れるのが特徴。

    トップへ戻る

  • 太陽光発電システム

    太陽光のエネルギーを、屋根などに載せた太陽電池で電気エネルギーに変換し電力を供給するシステム。燃料を消費せず、また排出物による環境汚染がないため、クリーンエネルギーとして注目されている。余った電力は電力会社に売ることができるので、設備の導入費用を数年以内に回収できることが多い。

    トップへ戻る

  • 耐力壁

    地震など水平方向の力に抵抗するための壁を耐震壁と呼ぶのに対し、水平方向だけでなく垂直方向にも有効に働く壁のことを耐力壁という。建物全体に対する耐力壁の割合は建築基準法によって定められていて、リフォームの際にも撤去できない。

    トップへ戻る

  • ダウンライト

    天井に埋め込まれた下方を照らす照明のこと。器具本体が表面に出ていないので、空間がすっきり見え前洗練された雰囲気を演出できる。小型であることが多く、玄関や廊下などの限られたスペースや、リビングの補助照明として使われることが多い。

    トップへ戻る

  • ダクト

    建物内で、空気調節や換気のために空気を送る管路、風道のこと。建具住宅の開口部に取り付けてある設備の総称。扉や襖、障子、窓などを指す。

    トップへ戻る

  • 断熱材

    建築物内外の熱を遮断するための素材のこと。大きく分けて、無機繊維系、発泡プラスチック系、天然素材系の3つに分けられ、いずれも内部に細かい空気やガスを含んでいる。内包される空気が細かく固定されているほど熱伝導率が高く、性能の高い断熱材といえる。

    トップへ戻る

  • 注文住宅

    建築主と施工業者が請負契約を交わした後に、建築主の希望を生かした住宅を建築すること。予算からプランニング、設備や材料など、自分の好みやライフスタイルに合ったものを採用できる利点がある一方、完成した住宅を見ずに契約することになるので、施工業者との信頼関係が不可欠。

    トップへ戻る

  • 地下室

    正式名称を「地階」といい、床が地盤面よりも下にあり、かつ天井高の3分の1以上が地盤面より下にある部屋のこと。建築基準法では、地下室の床面積が地上階の延床面積の半分以下の場合、容積率を算定する際に地下室の床面積は含まないとしている。また、ドライエリアなどの利用で開口部を確保できている場合以外は、地下室を居室とすることはできない。

    トップへ戻る

  • チムニー

    煙突のこと。暖炉の排煙のためだけでなく、洋風住宅の外観に飾りとして取り付ける場合もチムニーと呼ぶ。

    トップへ戻る

  • ツーバイフォー(2×4)工法(同義:枠組壁式工法)

    北米の一般的な木造住宅工法で、日本語では「枠組壁式工法」という。パネル化された床や壁などを組み合わせ、それらの面が駆体を支える構造になっている。この工法を用いる際に2インチ×4インチの角材が多く使われることから2×4の名前がついた。

    トップへ戻る

  • 坪単価

    建物の本体価格を、床面積を坪単位(1坪=33㎡)に換算した数値で割ったもの。家を建てる際の費用の目安になる。ただし、床面積を算出する際、主に「延床面積」を用いる場合と「施工床面積」を用いる場合があり、それぞれで坪単価が変わってしまうので注意が必要。

    トップへ戻る

  • デッキ

    本来の意味は船の甲板や電車などの乗降部分を示す言葉だが、住宅用語では、建物の外部に隣接してつくられた床のことを指す。アウトドアリビングの場として使用されたり、庭先に設置して洗濯物干し場の足下としたりする。天然木材のものをウッドデッキという。

    トップへ戻る

  • デッドスペース

    設計上できてしまう、利用するのが困難な空間のこと。

    トップへ戻る

  • 出窓

    壁面よりも外側に張り出した窓のこと。見た目のおしゃれさや、室内空間を広く見せる効果がある。出窓の底面の形は四角形であることが多いが、三角形や弓形のボウウインドー、台形のベイウインドーなどがある。

    トップへ戻る

  • テラス

    リビングなどから直接出入りできるようにした、屋外につくられた広めのバルコニーのこと。タイル貼りやウッドデッキなどで、地面よりも一段高くなっている。リビングの延長としてアウトドア空間を楽しめ、生活の豊かさを演出する。

    トップへ戻る

  • テレビドアホン

    門や玄関などにテレビモニターが付いていて、来訪者を室内のテレビ画面で確認できるインターホンのこと。相手の姿を見ながら応対が可能で、防犯対策にも有効。最近では、録画機能やボイスチェンジ機能が付いたものも開発されている。

    トップへ戻る

  • 天板

    てんいたともいう。→カウンタートップ参照

    トップへ戻る

  • 天袋

    和室などの押し入れの上部にある、高さ2-88の収納スペースのこと。一般的には、普段あまり使わないものを収納する。また、天井面に取り付けられた吊り戸棚のことも天袋といい、地袋と対応する語。

    トップへ戻る

  • 天窓(同義:トップライト、スカイライト)

    採光や通風のために、天井部分に設けられた開口部のこと。日当たりが悪い、構造上大きな窓が取れないなど、採光の問題を解決するために用いられたり、部屋全体を明るく演出するなどデザインのために用いられたりする。

    トップへ戻る

  • 動線

    都市計画や室内外の空間計画において、人やものの動きを線で表したもの。住宅内での動線はある程度パターン化されることが多く、その動線に対し効果的にプランを組むことによって快適かつ効率的なライフスタイルを実現することができる。

    トップへ戻る

  • 通し柱

    2階以上の木造建物で、土台から上階の軒まで途切れることなく通っている柱のこと。戸建て住宅では一般的に四隅に設けられ、通し柱同士を胴差(どうざし)という横材で固定している。

    トップへ戻る

  • 土台

    建物の最も下に取り付けられ、基礎に建物全体の荷重を伝えるための部材のこと。基礎と土台はアンカーボルトなどの金物で固定されるのが一般的。木造建築では、土台には防蟻.防腐処理が必要。

    トップへ戻る

  • 戸袋

    雨戸を納めるスペースのこと。

    トップへ戻る

  • 土間

    住宅の屋内で、地面をそのまま床にして土足で使うスペースのこと。一般的には、玄関の靴を脱ぐ部分や中庭など。漆喰塗り、石やタイル貼り、砂利仕上げなど、さまざまな仕様がある。

    トップへ戻る

  • ドライエリア

    地下室の外壁に沿って掘られた空堀のこと。地下室への採光や通風、防湿の目的で設けられる。

    トップへ戻る

な行

  • 内装材

    建築物の室内に直接接している部材のこと。フローリング、カーペット、タイル、壁クロス、塗装剤などのほか、それに付随する巾木、廻り縁、ドアや窓の額縁などを指す。また、下地材も含まれることが多い。

    トップへ戻る

  • 長押

    和室などで、鴨居の上に取り付けられた横材のこと。本来は柱を固定して建物の強度を増すためのものだったが、今では和室を装飾する化粧材として設けられることがほとんど。

    トップへ戻る

  • 納戸(同義:サービスルーム、スペアルーム)

    室内にある、部屋状の大型収納スペースのこと。プランの際、収納庫として改めて設計される場合と、建築基準法上「居室」としての基準に満たない部屋を納戸とする場合がある。「サービスルーム」や「スレーペアルーム」といった呼ばれ方もする。

    トップへ戻る

  • 24時間換気システム

    24時間連動して機械が作動し、強制的に室内の空気を換気するシステム。近年高気密、高断熱住宅が普及するなかで、平成15年7月の建築基準法改正により、すべての新築住宅への設置が義務付けられている。

    トップへ戻る

  • 二世帯住宅

    親世帯と子世帯が共同で生活するための住宅。それぞれの世帯が個別で使用する部分と、2世帯で共有する部分を決め、その割合によって「完全同居型」、「完全分離型」、「半分離型」の3種類に分類される。

    トップへ戻る

  • ニッチ

    屋内の壁をくぼませてつくる飾り棚のこと。玄関や廊下などに設けて、絵画や花などを飾るスペースとして使用する。スポットライトを当ててデザイン性の高い空間を演出することもできる。

    トップへ戻る

  • 布基礎

    逆T字型で、建物の壁の長さ方向に連続した基礎のこと。内部は鉄筋で補強されている。木造やコンクリート壁構造などの小規模建築で用いられることが多い。

    トップへ戻る

  • ぬれ縁

    建物の外側に設けられた、壁や屋根がない縁側のこと。一般的に縁側は建物内部にあるものを指し、その縁板が壁面に平行して張られているのに対し、ぬれ縁の縁板は壁面に直角方向に張られているのが特徴。

    トップへ戻る

  • 根太

    木造建築で、床材を支えるための横材のこと。熱線吸収ガラス太陽光で室内の温度が上昇するのを防ぐ目的で、赤外線を吸収する金属添加着色されたガラスのこと。特に直射日光がよくあたる居室の窓ガラスなどに使用される。

    トップへ戻る

  • 延床面積

    建築物の各階の床面積をすべて合計した面積のこと。吹き抜けなどの床のない部分は面積に含まれない。また、建築基準法上、幅2m以下のバルコニーは延床面積に換算されず、2mを超える場合は先端から2m退いた部分の面積が延床面積に含まれる。

    トップへ戻る

は行

  • ハイサッシ

    高さが天井近くまである大きなサッシのこと。採光、通風、眺望にすぐれ、また解放感があるため空間を広く見せる。住宅ではリビングに設けられることが多い。

    トップへ戻る

  • パイプスペース

    上下水道などの配管スペースのこと。図面では「PS」と表記される。

    トップへ戻る

  • 掃き出し窓(同義:テラス窓)

    床面まで開口部のある窓のこと。昔ホウキで掃除をしていた頃、庭へ直接ホコリやゴミを掃き出すことができる窓という意味でこの名が付いた。

    トップへ戻る

  • バスコート

    浴室から見える坪庭のこと。入浴しながら戸外の風景を楽しめるのが特徴だが、外から中が見られないように工夫する必要がある。

    トップへ戻る

  • ハッチ

    キッチンとダイニングの間にある壁に設けられた小さな開口部のこと。両側から物を出し入れすることができ、配膳などに便利。開口部を閉じるための扉が付いているものもある。

    トップへ戻る

  • 幅木

    床面と接する壁の最下部に取り付ける薄い横木のこと。床掃除などで傷を付けやすい部分なので、保護する目的で設置される。幅木といっても木材だけではなく、プラスチックや石、モルタルなどさまざまな素材のものがある。

    トップへ戻る

  • はめ殺し窓(同義:フィックス窓)

    採光を目的としてサッシにガラス戸をはめ込んだ、開閉しない窓のこと。換気はできない。パラペット建物の屋上やバルコニーなどの外周部に、外壁に沿って設けられた低い壁のこと。墜落を防いだり、防水効果を高める役割がある。

    トップへ戻る

  • 建物の構造上、柱に対して直角に渡される横材のこと。柱の上部の側面にホゾ差しでとめられる。柱と柱の間に渡されるものを大梁といい、大梁で支える梁を小梁という。

    トップへ戻る

  • バリアフリー

    高齢者や障害者などが安全かつ快適に生活できるように、障害となるものをできる限り取り除いた状態のこと。段差解消や、手すりの設置、通路の十分な幅の確保など、住宅内に限らずさまざまな場面で提案される。

    トップへ戻る

  • バルコニー

    2階以上の住戸で、床から張り出して外に出られる露台のこと。高さ110㎝以上の手すりが付いていることと、屋根がないことが定義とされている。露台で屋根や庇があるものをベランダという。

    トップへ戻る

  • パントリー

    主に食品のための収納庫のこと。住宅ではキッチン付近に設けられることが多く、食品のほかに、食器やキッチンまわりの掃除用具などを収納する。特に保温設備などを整えていないことがほとんどで、食品は室温でも十分に保存がきくもののみ保管できる。

    トップへ戻る

  • 引き戸

    襖や障子のように、左右方向に引き動かして開閉させる戸のこと。観音開きの扉に比べ、開閉のために必要な空間が小さい。開閉の作業動作も少ないことからバリアフリー住宅で採用されることが多いが気密性、遮音性が低いのが難点。

    トップへ戻る

  • ビルトイン

    「つくり付けの」という意味で、住宅では建築する際に予め組み込まれている家具や設備のことを指す。ビルトイン食器洗浄機やビルトイン収納などが一例。壁などと一体化しているため部屋がすっきり見え、また統一感のある空間をつくることができる。

    トップへ戻る

  • 広縁

    幅の広い縁側のこと。一般的な縁側が3尺(91㎝)程度なのに対し、広縁は4尺(120㎝)以上の幅のものを指す。座敷に広がりを感じさせたり、畳への日射を遮るなどの役割がある。

    トップへ戻る

  • ピロティ

    建物1階部分の、壁がなく柱だけで構成された空間のこと。壁がないので延床面積には計算されない。普通は駐車スペースなどに使われるが、玄関が2階部分より奥に引っ込んでピロティになっていることも多い。

    トップへ戻る

  • VOC

    日本語では「揮発性有機化合物」といい、空中に放散しやすい物質の総称のこと。ホルムアルデヒドやトルエンなどがあり、建築施工用の接着剤や塗装剤に含まれる。特有の臭いがあり、過剰に吸い込むと頭痛や吐き気などシックハウス症候群を引き起こす可能性がある。

    トップへ戻る

  • 吹き抜け

    2階以上の建物で、階をまたがって上下に連続している空間のこと。空間の広がりを感じさせることができる一方、冷暖房効率が落ちる。階段や玄関ホールに設けられるのが一般的だが、リビングに採用されることも多い。

    トップへ戻る

  • 複合サッシ

    フレームの内外で異なる素材を使用した、高気密、高断熱のサッシのこと。外側は耐候性や防サビ性に【複層ガラス】すぐれたアルミ製、内側は断熱性にすぐれた樹脂製や木製を用いることが多い。耐久性とデザイン性を両方もち合わせていることから、近年では人気が高い。

    トップへ戻る

  • 複層ガラス(同義:11重窓、ペアガラス、合わせガラス)

    2枚の板ガラスの間に中間層を設け、乾燥した空気を密封したもの。断熱性、遮音性が高く、結露しにくい。中間層にガスを注入したり、真空にしたりして断熱性能を高めることができる。「ペアガラス」、「合わせガラス」とも呼ばれる。

    トップへ戻る

  • ブラケット

    照明器具の一種で、壁や柱などに取り付けて補助照明として用いられる。間接照明のようにデザイン性の高い空間を演出する効果がある。

    トップへ戻る

  • プレカット工法

    施工現場で使用する部材を、予め工場で加工しておく工法のこと。部材の長さや継手部分、仕口部分を加工したものが現場に届くため、現場での施工期間が短縮され、労働力の削減をはかることができる。

    トップへ戻る

  • プレハブ住宅

    工場で予め生産された住宅の大型パーツを、現場で組み立てて完成させる住宅のこと。木造、鉄骨造、コンクリート造いずれの工法にも採用できる。細かい部材から現場で施工するよりも工期が短く均一な品質を保てるので、生産性が非常に高い。

    トップへ戻る

  • フローリング

    木質系の床材のこと。合板を使った複合タイプと、サクラやブナなどの広葉樹系の無垢材を使った単層タイプに分けられる。掃除がしやすくダニなどの被害を受けにくいことから広く使われている床材だが、遮音性が低いのが難点。

    トップへ戻る

  • ベタ基礎

    建物の底部分をすべてコンクリートで固めた基礎のこと。地面をコンクリートで覆うので、防蟻効果や地面からの水蒸気を防ぐ効果がある。布基礎に比べ基礎の設置面積が増え、地盤荷重の負担が減るため、軟弱な地盤で使われることが多い。

    トップへ戻る

  • ベランダ

    住戸の屋外にせり出した露台のこと。バルコニーと異なり屋根があるのが特徴。

    トップへ戻る

  • ペンダントライト

    コードやチェーンで天井から吊り下げられている照明器具のこと。リビングに用いられるシャンデリアや階段の照明のように、部屋全体を照らす全体照明用と、ダイニングテーブルの上に吊るすような部分照明用がある。

    トップへ戻る

  • ボウウインドー

    底面が弓形に湾曲した出窓のこと。ポーチ玄関の外側に設けられた庇や屋根がかけられた部分のこと。戸建て住宅では2階よりくぼんだ位置に玄関を設けている場合も、そのくぼんだ部分をポーチと呼ぶ。最近では、屋根がなくても玄関前のタイルやレンガを貼った部分をポーチということがある。

    トップへ戻る

  • ホルムアルデヒド

    VOC(揮発性有機化合物)の一種で、シックハウス症候群の原因とされる。住宅では合板などの接着剤に使用されることが多いが、平成15年に建築基準法が改正されて以来、含有量の安全基準が定められている。

    トップへ戻る

ま行

  • 巻込戸

    巻き込む形で開閉できる戸の総称です。家具などでは、細い薄板を並べた状態で、裏に丈夫な布などを張り付けたものが使われる。上下あるいは前後方向に開閉するものが多いが、横方向に巻き込むものもあり、この戸を使う代表的な家具としては、ロールトップデスクがある。

    トップへ戻る

  • 枕棚

    天袋を設けない場合の押入れ内の上部に設ける奥行きの浅い棚のこと。

    トップへ戻る

  • 枕捌

    長押と床柱との取合部の納め方で、床柱の三面の角を留にして長押を巻き込んだ納め方。巻裏捌(まきうらさばき)とも呼ばれ、書院造りの座敷に用いられていた厳格な納め方です。また、枕捌の他に、二面だけ回すものを片捌(かたさばき)、床柱の正面だけに長押を取り付ける雛留(ひなどめ)がある。

    トップへ戻る

  • マグニチュード

    地震の規模を表す尺度のことを言います。地震の強弱は震度で表されるが、地震動は震源地から遠くなるほど弱くなっていく。そこで、地震そのものの規模を表す別の尺度として用いられているのが、マグニチュードです。通常、震央から100キロ離れた地点にある標準地震計の最大振幅をミクロン単位で測り、その常用対数で表し、マグニチュードが1増加すると、エネルギーは約30倍増加する。マグニチュードは震度とは異なり、記号Mで表す。

    トップへ戻る

  • 間仕切り家具

    広い空間を2分して使うようなとき設置される間仕切りを兼ねる家具のこと。

    トップへ戻る

  • 廻縁

    壁と天井の取り合い部に用いられる見切部材のこと。洋室(大壁)で洗面、脱衣、トイレ、廊下などで、廻縁を設けると納まり上の問題、又はデザイン性の問題で設けない場合(突き付け仕上げ)もあります。また、廻縁を設けず突き付け仕上げとする以外に、天井底目若しくは壁底目を設けるか、塩ビ製の見切り材を設けて納めるなどの方法が用いられます。

    トップへ戻る

  • マンセル表色系

    アメリカのA・H・マンセルが、20世紀の始め頃に考案した色の表し方の体系。色相、明度、彩度の「色の3属性」を、それぞれ数値化(マンセル記号)して表し、インテリアのカラースキムにも応用されることの多いシステム。

    トップへ戻る

  • 間崩れ

    モジュールの寸法を部分的にくずした現象のこと。敷地いっぱいに建てる場合など、基本のモジュールでは間取りが取れない場合や階段・廊下などを部分的に広くしたい場合に起こる現象。尚、「間崩れ」は、木材や合板、ボードなどの定尺に合っていないため、ロスが多く建築コストが割高になります。

    トップへ戻る

  • まぐさ

    開口部の上部にある柱間に渡した横架材。外部サッシなどが取り付く開口部上端の横部材のこと。

    トップへ戻る

  • 間口

    建物や敷地を道路側や建物の玄関側などの主要な方向から見たときの幅のこと。また、単純に物の幅を指します。間口に対して直角方向を「奥行き」と言います。

    トップへ戻る

  • 真砂土

    花崗岩が風化して出来た土で、主に化粧土として床の間の壁仕上などの左官材料や、敷地の整地や植木の客土として植栽工事でも使用されます。

    トップへ戻る

  • 柾目

    木材の表面に現われた模様が平行な木目のこと。和室では長押、鴨居の見付面などに用いられ高級とされています。

    トップへ戻る

  • 間仕切り壁

    建物の内部空間を仕切ることを目的とする壁のこと。

    トップへ戻る

  • 窓台

    窓の下部にある柱間に渡した横架材。外部サッシなどが取り付く開口部下端の横部材のこと。

    トップへ戻る

  • マルチメディアコンセント

    1枚のプレートにコンセント(電源)、テレビ(通信)、インターネット(情報)の取り出し口が設置されているものを言います。

    トップへ戻る

  • 廻り階段

    折り返し階段の踊り場の部分にも段を設けた階段のこと。廻り階段は、折り返し階段の省スペースタイプの階段です。

    トップへ戻る

  • 御影石

    花崗岩のことで、かつて兵庫県の御影で多く算出されたことから、花崗岩のことを「御影石」と呼ぶようになったと言われている。御影石は、地下のマグマが地殻内で地下深部にて冷却固結した結晶質の石材で、石の外観は雲母、長石、石英など色々な鉱物の結晶が集まって出来ているので、見た目には様々な色の大小のつぶつぶが見え、美しく、耐久性に優れた石材として建物の外部を中心として最も多く用いられている石材です。一方、硬いため加工費がかさみ、含有鉄分でさび色が出たり、耐火性の点でやや劣ります。また、表面の仕上げ方も豊富で、「本磨き仕上」・「水磨き」・「バーナー仕上」・「小叩き仕上」・「ビシャン仕上」などと用途によりいろんな仕上げ方が可能。

    トップへ戻る

  • 水セメント比

    コンクリート調合の際の、水とセメントの重量比のこと。水の重量/セメントの重量で表します。

    トップへ戻る

  • 水廻り

    水を使う場所。キッチン、洗面所、浴室、トイレなどの総称です。

    トップへ戻る

  • 水屋

    茶室の隅や隣室に設け、茶会などの準備やあと始末をするところを言います。

    トップへ戻る

  • 見積

    積算を行なった上で、材料費の単価及び、手間代を乗じて、建物の建築費用がいくらかかるか算出することを言います。尚、材料費の単価は、材工共の複合単価で算出するものもあります。算出した内容を書面に記載したものが見積書及び、見積明細書となります。

    トップへ戻る

  • 見積明細書

    「見積内訳明細書」とも言い、積算にて拾い出された材料の数量や人工数が、各部位及び材料ごとに記載され、それに応じた単価を乗じて、建築費を算出した根拠書類のこと。

    トップへ戻る

  • 宮大工

    神社仏閣の建築や補修に携わる大工。渡り大工とも呼ばれ、何年も家を離れ社寺のある地に居住して材料、技法を検討しながら仕事を進める。その技術、技法は徒弟制度という形で師匠から弟子へ口伝で継承されるのが普通である。そのため、かつては日本全国に数百人いると言われたが、現在では宮大工の継承者は100人以下と推定されています。

    トップへ戻る

  • 民間住宅ローン

    銀行や生命保険会社など、民間の金融機関が行なう融資のこと。銀行が扱っている住宅ローンで、主力となるのが「固定金利選択型住宅ローン」です。ベースは変動金利ですが、2年、3年、5年、10年など、当初一定期間の金利を固定金利にするのが最大の特徴です。また、金融機関等によってさまざまな名称が使われ、「固定金利特約型」、「固定期間設定型」などは、全て同じ種類のローン商品です。尚、フラット35も民間住宅ローンの扱いになります。

    トップへ戻る

  • 見切材

    仕上材の変わる取合の部分に入れる化粧部材のこと。壁に設ける場合を「壁見切材」あるいは「見切り縁」、床に設ける場合に「床見切材」と言います。

    トップへ戻る

  • 見込

    正面の見え掛かり部分に対しての、側面の部分や奥行きのこと。正面の見え掛かり部分は「見付」と言います。

    トップへ戻る

  • ミストサウナ

    ほどよい熱さの霧状の蒸気が噴き出すサウナ設備のこと。ミストサウナは、約40度ほどで、湿度が高いため、肌や髪への刺激が少なく、のぼせることもないサウナで、ユニットバスに組み込まれた製品もあります。

    トップへ戻る

  • 水抜き穴

    口径75mm以上の排水パイプを擁壁の裏込めまで差し込み、擁壁で支えてる宅地の水を抜き、擁壁にかかる水圧を低減するための排水パイプのこと。高さ2M以上の擁壁では、3㎡に1ヶ所の割合で水抜き穴を設置することが義務づけられています。

    トップへ戻る

  • 水盛り遣り方

    工事を着手する前に、建物の正確な位置(平面・レベルなど)を出すための作業のこと。

    トップへ戻る

  • ミニキッチン

    シンク、コンロ、換気扇、ウォールキャビネット等が間口0.9~1.5mの間に組み込まれているキッチンユニットのこと。台所のキッチンを小さくしたもので、ワンルームマンション・アパートや台所以外でのサブキッチンなどの省スペースに用いられます。

    トップへ戻る

  • 民家

    封建社会における庶民の住宅で、日本では支配階級の寝殿造り、書院造りなどの住宅形式に対する語で、農家と町家に大別される。近代に建てられたものでも、昔の民家形式によっているものは民家と呼ばれることが多いです。

    トップへ戻る

  • 無垢材

    集成材のような加工されたものではなく、純粋な一つの材料でできている木材のこと。内装材として使用すると、木の肌触りや香りが楽しめます。「正物(しょうもの)」とも呼ばれています。

    トップへ戻る

  • 無彩色

    色相を知覚させない白、灰色、黒などの色を指す。色の3属性のうち明度のみで表します。

    トップへ戻る

  • 無双四分一

    床の間の奥の一辺の天井回りの下端につける細長い材です。これに「いなずまくぎ」を取り付け掛軸などをかける。

    トップへ戻る

  • 無担保ローン

    利用する際に、担保提供(借入額と同等以上の物を提供してもらうこと)を必要としないローンのこと。

    トップへ戻る

  • 棟木

    屋根の頂部にある母屋と同じ役目をもつ水平小屋組部材のこと。

    トップへ戻る

  • 棟換気

    軒裏に設けた給気口から外気を取り入れ、屋根の頂部(棟部)に設けた排気口(棟換気口)から、小屋裏にこもった熱気や湿気を排出する小屋裏換気システムの一種です。棟換気では、給気口を小屋裏の天井面の1/900以上、棟換気口(排気口)を小屋裏の天井面の1/1500以上設ける必要があります。

    トップへ戻る

  • 無双窓

    内側と外側に同じ形の連子(れんじ)の引き戸を入れ、動かすことで一定間隔の隙間ができたり、閉まったりする窓のこと。無双連子窓と言います。

    トップへ戻る

  • 陸屋根を除く屋根の頂部をいい、通常は水平な直線状に現れ、屋根の分水嶺となる箇所を指します。また、入母屋屋根、寄棟屋根、方形屋根のように4隅に傾斜した棟もできるが、これを一般的には隅棟と呼び、一般の棟を大棟(おおむね)と呼び使い分けられている。

    トップへ戻る

  • 明度

    色の3属性(色相、彩度、明度)の一つで、その色の明暗の度合いのことを言います。

    トップへ戻る

  • 銘木

    材面の優れた木材で、鑑賞価値が高いもの。木目、材質、色、形状などが優れていて、珍しい趣がある木材で、和風の造作材や家具材などに使われます。

    トップへ戻る

  • 目地

    石やコンクリートブロック(CB)、煉瓦などを積み重ねたり、タイルや化粧合板を張るときなどの継ぎ目のこと。意匠、施工、材料の特性などに応じて目地を設け、目地を積極的に見せる場合と、はっきり見せない場合に大別されます。目地の種類には、芋目地、馬目地、わらい目地、眠り目地などが代表的です。また、あらかじめ目地を納まりよく割り付けることを、「目地割り」と言い、その部材によっては、「タイル割り」などと呼ばれています。

    トップへ戻る

  • メゾネット

    中高層住宅で、一つの住戸が2層以上で構成されたもの。廊下に面していない階はプライバシーを守りやすいです。

    トップへ戻る

  • 面格子

    住宅の窓の外側に、防犯などを目的として取り付ける金属製などの部材のこと。格子の組み方によって、「縦格子」、「横格子」、「桝格子」、「クロス格子」などがあります。

    トップへ戻る

  • 免震構造

    建物の基礎部分などに、ゴムその他のものを使って、地震の揺れを抑える方法をとっている構造のこと。

    トップへ戻る

  • メンテナンス

    出来上がったものを使いはじめてから、機能を維持したり、維持のために管理をすることを言います。清掃・点検・修理・部品交換なども含まれ、「メンテ」と略して言うことがあります。また、「メンテナンスフリー」は、点検や整備などが必要としないことを指します。

    トップへ戻る

  • 面戸

    物と物との隙間。または、その隙間を塞ぐ部材を指します。例えば、軒桁の上に垂木を載せますが、垂木の成(せい)の分だけ隙間が空きます。また、軒瓦と広小舞の取合も隙間ができます。これらの隙間を軒先面戸といい、また、それらの隙間を塞ぐ部材を指します。また、桟瓦とのし瓦の間にできる隙間を埋めるための瓦を面戸瓦(めんどがわら)と言います。

    トップへ戻る

  • メイプル

    広葉樹の一種です。カエデ科の落葉高木。淡い灰白色で心材は灰色を帯びた黄褐色。材質は重硬で緻密。高級家具材として人気があり、また、衝撃性に強いのでボーリング場のレーンなどに用いられています。

    トップへ戻る

  • メーターボックス

    ガスや電気などの使用量を自動的に表示する計器類を納めるボックスのことで、検針の容易な位置に設けるようにします。図面上では略して「MB(Meter Box)」と表現されています。

    トップへ戻る

  • 召合せ

    襖や障子、サッシなどで、両方から引き寄せて閉じるようになっているものの、戸が合わさる部分のこと。

    トップへ戻る

  • 目透し

    ふたつの部材の接合部に隙間を開けることを言います。また、板材の継目に隙間を取って張る方法を「目透し張り」と言います。目透し張りを施した天井を「目透し天井」といいます。

    トップへ戻る

  • 目線

    自然な姿勢で、視線が向くところ。または、その時の目の高さのことを言います。もともとは、テレビ、映画、演劇関係で使われていた言葉で、視線に比べ、意図的、人工的な目の行き所と言ったニュアンスがあります。

    トップへ戻る

  • 滅失登記

    火事・地震・取り壊しなどで建物がなくなったなどの場合に、その建物の登記を閉鎖する事を言います。滅失登記は申請義務があります。

    トップへ戻る

  • 目止め

    木材の塗料において、下地の調整段階で導管からの塗料の吸収を抑えたり、平滑にするために目止め剤やシーラーなどを塗布することを言います。また、導管を埋めない方法を「オープンポア」、若しくは、「目はじき」と言います。

    トップへ戻る

  • 木造

    柱、梁、桁などの主要構造部材を木材とし、建築した木造建築物のことを言う。木造は、古くから建てられている構造ですが、高さ13m、軒の高さ9m、または延べ面積3000㎡を超える建築物は、主要構造部を木造としてはならないと建築基準法で定められています。尚、木造の工法には、大きく分けて「在来軸組み工法」・「2×4工法」に分類され、また、最近では、在来軸組み工法に分類されますが、特殊な金物を用いる「金物工法」なども多く見られるようになりました。

    トップへ戻る

  • 木目

    木には年輪があり、丸太から材木をのこぎりで切り出すときの方向によって年輪が様々な模様となって、木材の表面に現れます。この木材に現れる模様を木目と言います。その代表が「柾目」、「板目」、「杢目」です。

    トップへ戻る

  • モザイク

    石、陶磁器、ガラスなどの小片を組み合わせ、模様になるように張り詰めること。木材の小片を模様張りするものをモザイク・パーケット、1~5cm角の小型タイルをモザイク・タイルと言います。モザイク装飾は古くから行なわれたが、特に古代ローマで発達し、ビザンチンやイスラムの宗教建築で多く用いられた。

    トップへ戻る

  • モジュール

    建築生産面での基準寸法単位で、柱の基本心々寸法を言います。一般的に関東間の「910mmモジュール」が多く採用されている。関東間の他に、関西間の「980mmモジュール」、プレハブ住宅が多く採用している芯々を1mにした広い「メーターモジュール」などがあります。

    トップへ戻る

  • 母屋

    垂木を支持する小屋組水平部材。また、建物の構成上の用語では、寝殿造りの中心部分をいうなど、最も主要な建物部分のことを言います。

    トップへ戻る

  • 盛土

    地盤の上に土砂を盛り上げて造成された土地のこと。2次的にできた地盤のため軟弱地盤で、建物を建てる場合は地盤補強の対応が必要となります。

    トップへ戻る

  • 門扉

    道路と住宅の境界線に作られる門の扉。門扉からアプローチ、玄関ポーチ、そして玄関へと続くエクステリアは、訪問者に住まいの第一印象を与える所で、「住宅の顔」・「住まいの入り口」です。

    トップへ戻る

  • モールディング

    天井と壁の取合部や窓枠などの納まりを隠すために用いられます。装飾用の造作材を指します。

    トップへ戻る

  • 木材

    針葉樹や広葉樹の樹木の幹を指し、これを製材したものを材木と呼んでいます。木材は、自然が与えてくれる資源のなかで、身近に存在し、採取が容易なうえに、種類が多く、加工しやすく、さまざまな用途に向けることのできる建築材料です。

    トップへ戻る

  • 木材保存剤

    住宅の土台などに使われる木材の防腐・防虫・防カビ用の薬剤。防腐・防虫剤のことを言います。あらかじめ工場で薬剤を加圧注入する方法(圧入処理方式)と、現場で塗布する表面処理方式とがあります。圧入処理のほうが保存効果が高く、また薬剤の揮発などによる人体への悪影響も少ないとされる。ただし、クレオソート、有機リン系・ピレスロイド系薬剤(特に現場処理のもの)は、シックハウス症候群などの健康被害の問題が指摘されている。

    トップへ戻る

  • 木造住宅

    建築の構造の一つで、構造耐力上主要な部分に木材を用いる構造である。また、近年は木質材料を用いる建築が増えたので、これを木質構造と呼ぶことがあります。

    トップへ戻る

  • 木片セメント板

    木毛セメント板と同様の木質系セメント板で、比較的短い木片とセメントを混練圧縮成型したボードのこと。木片セメント板には、普通木片セメント板と密度の高い硬質木片セメント板があり、旧三井木材工業の「センチュリーボード」は、硬質木片セメント板として有名です。また、木片セメント板は耐火野地板として屋根下地やバルコニーの床下地材として用いられています。

    トップへ戻る

  • 杢目

    木目の一種です。樹根に近い部分や不規則な生成をした樹木に現れるもので、複雑で面白い味のある木目。

    トップへ戻る

  • 木理

    木目のことを言います。また、材のもつ質感を表すこともあります。

    トップへ戻る

  • モケット

    椅子・ソファーや乗り物の座席などを張るのに用いる、毛足の長いビロード状の毛織物のこと。

    トップへ戻る

  • モザイクタイル

    50mm以下の小型のタイルを言います。内装・外装用タイルとして用いられています。また、モザイクタイルの貼り方は、ユニット貼り工法が用いられます。

    トップへ戻る

  • モダンデザイン

    1920年代の頃から顕著になったデザインの潮流。特に工業化による生産方式の変化が、それまでの時代のデザインと異なる方向を生み、機能性を重視する一方で、装飾性を排したシンプルな造形を特徴とします。社会のあらゆる分野に及んだモダニズムと結びついている。

    トップへ戻る

や行

  • 矢板

    軟弱地盤や深基礎の掘削のときに、掘削後に土砂崩れが起きないように、掘削範囲の周囲に連続的に打ち込む土留め用の板のこと。木製、鋼製、鉄筋コンクリート製があります。

    トップへ戻る

  • ヤング係数

    材料の変形のしにくさを表す係数のこと。数字が大きい程変形しにくい。

    トップへ戻る

  • 役物

    一般的な形に対して、特殊な形状のものを指します。瓦やタイルなどの建築材料では、端部やコーナー部分などに、一般形では納まらない箇所にもちいる建築材料若しくは部材と言います。

    トップへ戻る

  • 役木

    日本庭園における、庭の景観の趣を出すために植えられる庭木のことである。江戸時代の『築山庭造伝』になどに紹介されている。これらは、特に決まったものではなく、長い歴史と経験のなか培われてきたものである。しかし、現在も庭園作りの参考として継承されています。

    トップへ戻る

  • 屋根

    築物の上方で建物を覆う部分のことを言います。雨や雪、風を防ぎ、日射を遮る。建物のデザインや地域性、気候に合わせてさまざまな形状の屋根があります。主な屋根の形状は、切妻屋根、寄棟屋根、片流屋根、陸屋根、入母屋屋根、方形屋根、マンサード屋根、越し屋根などがあります。また、屋根葺き材には、瓦葺き、化粧スレート葺き、金属で葺く瓦棒葺きや一文字葺きなどがあります。

    トップへ戻る

  • 大和絵

    日本の風景や風俗を主題とする絵で、中国から伝わった唐絵に対するもので、平安時代に使われ始めた用語です。のちに土佐派がこの流れを継承、江戸時代には武家を中心とした狩野派に対して、公家好みの画風として隆盛した。

    トップへ戻る

  • ユーティリティ

    洗濯・アイロン・などの家事作業を行なうスペース又は部屋のこと。また、「家事室」とも呼ばれています。台所や洗面室などに隣接して設けられたり、台所などの一角にユーティリティーコーナーとして設けられることが多い。

    トップへ戻る

  • 有彩色

    赤、黄、青などのような彩りのある色のこと。

    トップへ戻る

  • 優遇金利

    銀行などの金融機関が、キャンペーンや取引状況(給与振込や定期預金など)によって、通常の店頭表示金利よりも低いローン金利が適用され優遇された金利のこと。住宅金融支援機構のフラット35にも、優良住宅取得支援制度を採用すれば優遇金利の適用があります。

    トップへ戻る

  • 融資事務手数料

    ローン契約を結ぶときにかかる手数料のこと。ローン1件ごとに必要となり、複数ローンを組む際は、それだけ手数料がかさむことになります。

    トップへ戻る

  • 優良住宅取得支援制度

    フラット35を使用する場合に、「省エネルギー性」、「耐震性」、「バリアフリー性」、「耐久性・可変性」の4つの性能に優れた住まいの基準のうち、1つの基準を満たす住宅を取得する場合に、当初5年間の借入金利について、年0.3%の優遇を受けることができる制度のこと。

    トップへ戻る

  • 床下換気口

    床下湿気の排湿のために基礎の立ち上がり部に設けられる換気口のこと。最近では、構造の弱点を作らないために床下換気口を設けずに、基礎パッキン工法による床下換気が多用されています。

    トップへ戻る

  • 床下点検口

    床下のメンテナンスために設けられる点検口のこと。人が出入できる大きさがあり、押入れの床や床下配管の接続部分の近くの床面などに設けられることが多い。また、台所や洗面脱衣室に床下収納庫を設ける場合には、それを床下点検口として兼ねることも一般的に行なわれています。

    トップへ戻る

  • 床束

    1階床の大引を支える床組の垂直部材のこと。以前は90mm角程度の木材でしたが、乾燥・収縮による床鳴りを防ぐ為、高さ調整が簡単にできる既製のプラ束、鋼製束が多く使われるようになりました。

    トップへ戻る

  • 油性塗料

    溶剤に有機溶剤を使った塗料のこと。この有機溶剤の種類というと、一昔前ですとトルエンやキシレンなどが一般的でしたが、人体・環境への悪影響、引火性の高さなどの問題点があり、今はかなり変わってきています。

    トップへ戻る

  • ユニットバス

    工場で製作された部材などを現場で組み立てて施工する浴室のことで、施工性や防水性に優れている。既存の開口部や配管を利用できるリフォーム対応機種もあります。

    トップへ戻る

  • ユニバーサルデザイン

    年齢や性別、障害の有無にかかわらず、誰でもが利用しやすいように考え、設計されたデザインのこと。住宅関係では、ユニットバスなどが取り入れられています。

    トップへ戻る

  • 輸入住宅

    海外の設計思想による住宅を資材別、またはパッケージで輸入して国内に建築する住宅のことを言います。

    トップへ戻る

  • 床荷重

    床にかかる荷重で、床の自重(固定荷重)、積載荷重などのこと。

    トップへ戻る

  • 床組

    床を構成する部材の総称。「根太」、「大引」、「床束」などのこと。

    トップへ戻る

  • 床下収納庫

    キッチンの床下などに設ける、プラスチック製の収納ボックスのこと。床下収納庫の蓋の表面仕上は、フローリングやCFシートなど、床下収納庫を設置する部屋の床仕上材に合わせることが可能です。

    トップへ戻る

  • 床高

    地盤面(設計GL)から1階の床面までの高さのこと。建築基準法では防湿処置を行なわない場合は、45cm以上必要と規定されています。

    トップへ戻る

  • 床暖房

    床面を暖め、熱放射、接触による熱伝道、及び自然対流によって温熱感を得るシステムで、大きく分類すると、「温水式床暖房」と「ヒーター式床暖房」があります。

    トップへ戻る

  • 床面積

    各階ごとの床の面積のことで、吹抜部分や小屋裏収納として扱われる場合は算入されません。

    トップへ戻る

  • 床伏図

    縮尺1/100程度で、1階の床組を上から見下ろした図面のこと。「土台」・「大引」・「根太」・「根太掛け」・「床束」・「床合板」などの配置・寸法・継手・材種などを表した構造図。

    トップへ戻る

  • 雪見障子

    障子の下部にガラスをはめ込み、小障子を摺り上げる事でガラス面より外部が見える様に組まれた障子のこと。

    トップへ戻る

  • ユニット鉄筋

    鉄筋を現場にて配筋せず、事前に工場で溶接加工を行い組み上げる鉄筋のこと。ユニット鉄筋は、精度の良い均一な施工と現場の省力化が図れます。

    トップへ戻る

  • ユニット貼り工法

    湿式工法での、壁タイルの施工方法です。ユニット貼り工法は、「マスク工法」とも言い、モザイクタイルや小口平タイルなどの小さなタイルを貼るときに使われる工法です。

    トップへ戻る

  • 養生

    工事の途中で、すでに仕上がった部分や部材が傷ついたり、汚れたりするのを防ぐために、カバーをかけるなどの保護をすることを言います。

    トップへ戻る

  • 容積率

    敷地面積に対する、建物の延べ床面積の割合のこと。延べ床面積/敷地面積=容積率(%)

    トップへ戻る

  • 用途地域

    地域のあるべき姿を想定して、建物の種類や用途、容積率、建ぺい率、規模、日影などを制限した都市計画法によって指定された地域のこと。住居系、商業系、工業系の用途地域が12種類、プラス無指定地域に分類されている。

    トップへ戻る

  • 窯変タイル

    窯の焼成温度や酸素の量により、釉(うわぐすり)が溶けるとき、その釉の性質で表面に変化の表れたタイルのこと。

    トップへ戻る

  • 横すべり出し窓

    横方向の上側を軸として外部に押し出す窓のこと。

    トップへ戻る

  • 葦簀

    葦(よし)を編んで作られた簾(すだれ)のこと。日除けや目隠し・囲い用として使われてきましたが、近年見かけることが少なくなりました。

    トップへ戻る

  • 呼び強度

    コンクリートの設計基準強度に温度補正などをプラスした後に、生コンプラントに発注されるコンクリート(レディミクスコンクリート)の圧縮強度のことを言います。

    トップへ戻る

  • 呼び寸法

    建築構成材や部品などの大きさを表すときに用いる寸法です。「呼称寸法」とも言われています。製品の実寸や設計図上で表示される寸法とは別に、一般に呼びやすい、きりのよい近似の数値で示されます。

    トップへ戻る

  • 様式

    一定の形式のこと。建築や美術の用語としては、時代、風土、民族、作家個人などを基にして、一群のものに共通する特徴がある場合を言います。

    トップへ戻る

  • 養生期間

    コンクリートを打ち終わってから、これが早く乾燥しすぎたり風雨にさらされるのを保護するため、シートなどで覆い、また十分に水分を与えてコンクリートの亀裂を防ぐため、散水したりする作業を養生作業と言い、また、これに要する日数を養生期間と言います。この期間が長いほどコンクリートの硬化に好影響がある。

    トップへ戻る

  • 溶接

    金属の溶接部を加熱し、溶融、または、半溶融状態にして接合することを言います。

    トップへ戻る

  • 擁壁

    宅地の土砂が崩壊するのを防ぐため、切土や盛土などの崖面を支える構造物のこと。擁壁には、コンクリート造・鉄筋コンクリート造・石造などがあり、構造上から重力式擁壁、半重力式擁壁、L形擁壁、反T形擁壁、控壁式擁壁などがあります。擁壁の強度を保つためには、水はけが重要で、含水量が多くなると軟弱化するとともに、擁壁に対して圧力を増して崩壊の原因となるため水抜き穴が必要です。

    トップへ戻る

  • 浴室暖房乾燥機

    浴室内でヒートショック防止や入浴中の寒さ対策のために電気、または温水を利用して暖房を行なう機能もつと共に、浴室を洗濯乾燥室として利用できる換気扇のこと。24時間換気機能を持つ機種もあります。

    トップへ戻る

  • 予算計画

    計画の初期段階で、どれだけの建築費が必要なのか、概略の予算を計画することを言います。

    トップへ戻る

  • 寄棟屋根

    棟を中心に四方に流れをもつ屋根形状のこと。

    トップへ戻る

  • 呼び径

    異形鉄筋は節があります。直径が一定でないため、直径の平均的な値を取り、それを呼び径として規格化されています。呼び径13mmはD13、19mmはD19と呼びます。

    トップへ戻る

ら行

  • ラーメン構造

    「ラーメン工法」ともいい、門型の軸組みで柱と梁の接合部が一体化された、「剛接合」になっている構造形式のこと。ラーメン構造は、比較的大きな空間を造ることができますが、一般的な工法では、室内に柱形や梁形などが張り出ます。

    トップへ戻る

  • ライフサイクル

    個人や家族が年とともに成長、変化していくことを循環的にとらえること。あるいは、それによる時間的な区分。住宅の視点としては、住居形式、内装の可変システム、住み替え、耐用年数などの問題と直結します。

    トップへ戻る

  • ライフステージ

    人生の年齢的な段階。一生を幼年期、少年期、青年期、壮年期、老年期に分けるケースが多い。それに伴う要求条件の変化に対応する住空間の考え方が重視されます。

    トップへ戻る

  • ラチス

    上下にある弦材の間をつなぐ、ジグザグ状あるいは斜めの材。鋼材による梁の一般的な構造で、これをラチス梁といい、ラチスを用いた柱はラチス柱と言います。

    トップへ戻る

  • ラティス

    板を格子状に組んだパネルのことを言います。植物を這わせたり、敷地の仕切り(フェンス)として使用したりする。

    トップへ戻る

  • ラミネート

    一般的に、プラスチックフィルム・アルミ箔(はく)・紙などを貼り合わせて層にすること。積層の意味。建築では、薄い板を層にすること。または、板を重ね合わせること。ラミナは薄板という意味で、ラミナを積層したものが集成材です。

    トップへ戻る

  • ランドリールーム

    洗濯室のこと。洗濯機、乾燥機などを設置する部屋で、住宅ではこの機能を洗面室やユーティリティに含めることがある。

    トップへ戻る

  • 間障子

    欄間に取り付ける小さな障子です。装飾用として用いられると同時に、換気や通風を確保したり、冬は隙間風を防ぐなどの役割も果たしています。

    トップへ戻る

  • ライトコート

    建物の中心部分に採光や通風のために設けた吹抜スペース。中庭の一種です。ライトコートに面する窓を設けることで、室内に光が取り入れられる

    トップへ戻る

  • ライフスタイル

    生活様式。衣食住のあり方だけでなく、価値観や行動様式なども含めて言います。1970年頃から世代間などで差異が目立ち始め、ライフスタイル論が盛んになり住宅もライフスタイル別に計画されるようになった。

    トップへ戻る

  • ラグ

    小さめで、厚手の敷物で、敷きつめないで部分的に敷くものを指します。一般的に、1畳から3畳未満の大きさを「ラグ」と言います。1畳未満は「マット」と呼んでいます。

    トップへ戻る

  • 螺旋階段

    スパイラル階段、若しくは廻り階段ともいい、階段の中でも特に回転形のものを指し、上部からみると円形になっており、中心の柱の回りを回転しながら上昇あるいは下降する構造の階段のこと。素材は、金属、木、コンクリートなどさまざまで、かつてはマンションなどの非常階段に多く用いられた。

    トップへ戻る

  • ラミネート天井

    合板の表面に特殊加工(ラミネート)された紙を貼った化粧合板のこと。一般的な和室天井材として用いられています。

    トップへ戻る

  • ランニングコスト

    建築完成後の建物や設備を維持・運用・管理するために必要な費用。維持管理費、光熱費、修繕費などのこと。尚、完成前にかかる建築費用などの投資費用をイニシャルコストと言います。

    トップへ戻る

  • 欄間

    続き部屋の間などにある、鴨居の上の開口のこと。格子や透かし彫りの飾り板などをはめ込むことが多い。欄間の種類には、彫刻欄間、筬欄間(おさらんま)、組子欄間、透彫り欄間などがあります。また、部屋と部屋の境目に入れるものを間越し欄間、部屋と縁側の間に入れるものを明り欄間といい、それぞれの部屋に空間的な連続性をもたせる役割もあります。尚、出入口のドアや窓の上に設けた採光や通風のための窓部分のことも「ランマ」と言います。

    トップへ戻る

  • 利息

    貸借した金銭などに対して、ある一定利率で支払われる対価のこと。利息(りそく)と利子(りし)は、通常同じ意味で使われますが、貸した場合に受け取るものを利息、借りた場合に支払うものを利子と使い分けることが一般的です。

    トップへ戻る

  • 立面図

    建物を東西南北の4方向から見た外観の姿図のこと。縮尺は1/100。

    トップへ戻る

  • リネン

    麻製の薄地織物。シーツや枕カバーなどのベッドリネン、テーブルクロスなどを含くむ布製品の総称です。また、これらをしまっておく戸棚や小部屋を、リネンクロゼットやリネン庫と呼ばれている。

    トップへ戻る

  • 琉球畳

    本来、沖縄で採れた強度のあるい草を使用した畳を指しますが、一般的には、縦・横の寸法が同じで畳縁がない畳を言います。また、「坊主畳」とも呼ばれます。

    トップへ戻る

  • 両片引き窓

    嵌め殺し窓(はめごろしまど)の両サイドに片引き窓を設けた窓のこと。

    トップへ戻る

  • 隣地斜線

    隣地の採光や通風に支障をきたさないように、建物の高さを制限される規制です。

    トップへ戻る

  • ルーバー

    日除け、通風のために隙間を開けて、羽根板を水平に並べて取り付けたもの。ガラリ、鎧張りとも言う。主に垂直面に用いますが、天井照明用のグレア防止用として、光源の下に薄板を平行や格子状に並べたものも、「ルーバー」と呼ばれています。

    トップへ戻る

  • ルーバー窓

    「ジャロジー窓」とも呼ばれています。ガラスでできた羽状のルーバーを回転させて開閉する窓のこと。浴室などの水廻りに多用されています。

    トップへ戻る

  • ルーフドレイン

    陸屋根の屋上やバルコニーなどの雨水を集めて竪樋に流す鋳鉄製やステンレス製の雨水排水金具のこと。ルーフドレインには、屋上用とバルコニーなどに用いる中継用のタイプがあります。

    トップへ戻る

  • ルーフバルコニー

    バルコニーの下階が部屋などになっているバルコニーのこと。バルコニーの床が屋根扱いとなり、防火性能や断熱性能が要求されるバルコニーです。

    トップへ戻る

  • レースカーテン

    レースとは、透視性の高い編物のこと。編み方や編み目の細工でさまざまな模様を作るものが多い。鉤針で編むのが基本のレース編みだが、いろいろな編み方があり、現代では機械編みも多い。インテリアではカーテン、テーブルクロスなどに利用され、レースカーテンは本来レース編みのものをいうが、日本では透光性のある薄地のものを総称することがある。

    トップへ戻る

  • 劣化対策等級

    住宅性能表示制度により、建物の構造部分に用いられる木材の白蟻対策や腐朽、鉄筋の錆び対策など長持ちさせるための対策の程度を示す耐久性の等級です。劣化対策等級は、等級1~3で表示される。

    トップへ戻る

  • レンジフード

    調理器具からの炭酸ガス・水蒸気・臭気・熱などを排出するために設置する換気扇のこと。レンジフードには、効果的に捕集できるようにフードが設置され、調理器具の種類(IHクッキングヒーター・ガスコンロなど)、換気扇設置場所、給気方法などによってさまざまな機種があります。

    トップへ戻る

  • 連帯債務

    複数の債務者が主たる債務者と連帯して、債務を負担し、そのうちの一人でも債務を弁済(完済)すれば、他の債務者も債務を免れる形式の債務のことを言います。

    トップへ戻る

  • 連帯保証人

    お金を借りた人と連帯して返済の義務を負う人のことを言います。本人が返済不能になったとき、代わって返済を行なう。

    トップへ戻る

  • ロータンク

    水洗トイレで洗浄水を供給するために一定量の水を貯めておく水槽で、底部が便座と同じ程度の低い位置にあるタイプのこと。高い位置にあるタイプは「ハイタンク」という。中央部に穴の空いたすり鉢状の蓋と吐水口がある「手洗い付きタンク」と「手洗いなしタンク」がある。

    トップへ戻る

  • ローマンシェード

    カーテンが左右に開閉されるのに対し、コードなどの昇降装置を操作することによって布を上げ下ろしするタイプです。ローマンシェードには、「プレーンシェード」、「シャープシェード」、「ピーコックシェード」、「バルーンシェード」などのスタイルがあります。また、生地を2枚取り付けられる「ダブルシェード」も人気がある。

    トップへ戻る

  • ロールスクリーン

    1枚の布を巻き上げて上下に開閉するタイプです。巻取り方式には、「プルコード式」と「チェーン式」があります。「ロールブラインド」、「ロールシェード」ともいわれ、部屋をカジュアルかつシンプルに演出します。開閉の手軽さから、部屋の空間を簡単に仕切るのにもとても便利です。

    トップへ戻る

  • ローン特約

    買主が融資を受けることを前提として不動産を購入しようとしているとき、融資を受けることができなければ、買主が売買契約を解除できるとする特約のことを言います。ローン特約は、あらかじめ利用する予定だったローンの種別、金利、手続きの期限などを明らかにした上で、その旨を契約書に盛り込みむ。また、白紙解除すればそれまで支払った代金はすべて返してもらえる。

    トップへ戻る

  • 陸屋根

    屋上を設ける場合に用いられる屋根形状で、屋根勾配を設けないフラットな屋根のこと。

    トップへ戻る

  • 路線価

    相続税の課税標準になる土地の価格で、国税庁が公示価格や売買実例を参考にして決める土地価格のことです。路線価は、その道路に面している標準的な宅地の1㎡当たりの千円単位の価額(評価額)が路線価となります。尚、路線価は、公示価格の8割が目安とされています。

    トップへ戻る

わ行

  • ワーカビリティー

    コンクリートを型枠などに打ち込む時の作業の容易度を示す言葉で、コンクリートの軟度のことを言います。スランプ試験によって測定するのが一般的です。

    トップへ戻る

  • ワーキングジョイント

    目地の動きが比較的大きい目地を指す。ALCの目地やサイディングの目地などが、ワーキングジョイントにあたり、シーリング材の施工は2面接着とします。また、RC造の窓廻りや打継ぎ目地、湿式工法の石張りやタイル張りの目地などは、目地の動きが少ないことから、ノンワーキングジョイントと言い、シーリング材の施工は3面接着でも問題はありません。

    トップへ戻る

  • ワードロープ

    衣類をしまっておくところ、または、衣類を吊ったりしてしまう収納家具。洋服タンスのこと。

    トップへ戻る

  • 和小屋

    日本の伝統的な小屋組で、小屋梁の上に小屋束を立て、その上に母屋を渡し、屋根から荷重を支える構造です。

    トップへ戻る

  • 和紙

    日本古来の紙で、欧米から伝わった洋紙(西洋紙)に対して日本製の紙のことを指す。楮(こうぞ)、三椏(みつまた)などを原料とした紙で、障子、襖、壁仕上材として使われています。

    トップへ戻る

  • ワニス

    天然又は合成の樹脂を溶剤に溶かした塗料で、透明な塗膜を作ります。溶剤により油性ワニス、スプリットワニスなどの種類があります。一般的には「ニス」と呼ばれています。

    トップへ戻る

  • 割栗石

    大きさが15cm~20cm程度の丸みをおびた玉石大に割った、割栗地業に用いる石のこと。

    トップへ戻る

  • 割栗地業

    根切り底に割栗石を小端立てに並べ、さらにその隙間を目潰し砂利で埋め、蛸突きなどで突き固める地業のこと。

    トップへ戻る

  • 割付図

    施工図の一種です。タイル・石・仕上ボードやサイディング・床目地などの位置を、意匠的に美しく取り付けるために、その寸法に応じて取付位置を正確に決めることを割付といい、それを図面に表したものを割付図といいます。

    トップへ戻る

  • ワークトップ

    キッチンなどにある調理などを行なうカウンター、作業台のことを言います。天板とも呼ばれています。

    トップへ戻る

  • ワークトライアングル

    キッチンの作業のポイントになるのが、冷蔵庫、コンロ、シンクの関係です。この3つを結ぶ作業動線をワークトライアングルといいます。これがバランスの取れた距離で配置されていると効率よく作業が進められると言われています。理想的なワークトライアングルの長さは、三辺の長さの合計が、360cm~660cmとされています。

    トップへ戻る

  • ワイヤーラス

    モルタルを付着させるために用いる、針金を編んだ金網状のもので、形状は、甲形、丸形、菱形の3種類がある。

    トップへ戻る

  • ワゴン

    運搬用の家具で、脚先にキャスターがついているものを言います。「ティーワゴン」、「テーブルワゴン」、「サービスワゴン」など、用途によってさまざまなタイプがあります。ワゴンのような可動式の家具は、動作空間が確保しにくい場合にも効果的です。

    トップへ戻る

  • 渡りあご

    ひとつの木をもう1本の木に乗せるという日本古来の仕口方法で、木どうしに溝を作り、そこを互いにはめて組んでいく仕口のこと。

    トップへ戻る

  • わらい目地

    石積み目地の表面が少し口を開けた状態の目地のこと。

    トップへ戻る

  • 藁すさ

    藁を切ったままの荒すさと、これを揉んだ揉みすさとがあり、米俵、むしろなどを切解いて作るか、ときには稲藁から直接つくることがある。瓦葺き、土居葺き、または荒壁塗りなどの土に混ぜ、ひび割れが発生しにくくするなどの補強材・保水材として用いられます。

    トップへ戻る

  • 藁葺き屋根

    藁(わら)とは稲・小麦等、イネ科植物の茎のみを乾燥させた物で、これを屋根に葺いたものを藁葺き屋根と言います。また、カヤ(ススキやチガヤなど)を材料にして葺く屋根を茅葺き屋根(かやぶきやね)という。

    トップへ戻る